まんがパウチ (レビュー・ネタバレ)

漫画の絵とストーリーを、真空パウチするように書きとめました。
【ファイアパンチ】【進撃の巨人】【カラダ探】【東京喰種】

青のフラッグ 2話

2017年03月02日 | 青のフラッグ


変わりたいと泣いた君を見て、何かしたいと思った俺は、空勢さんに「トーマのこと協力する」という小さなメモを彼女に渡した。


その休み時間、トーマの方から宿題写させてくれと声をかけてきたので、俺はここが”協力”のタイミングかと気を利かせて空勢さんに声をかけ、3人で宿題をすることになった。
小さな机にトーマと頭を寄せ合って宿題をする空勢さんは顔を赤らめて照れっぱなしだった。恐らくこれで満足しきっているに違いない。


昼休み、俺は空勢さんに「一緒にノート写したぐらいで満足してんじゃねーよ。空勢さんは最終的にトーマとどうしたいんだよ、付き合いたいんじゃねーの?だったらもっとトーマ好みにアピールしねーと」とアドバイスした。
とは言ったところで、恋の駆け引きなんて俺も知らないけど。


空勢さんから、トーマの好きな人について聞かれた。
本人から誰が好きかを聞いたことはなく、好きな人は「いる」としか聞いていない。だけど、なんとなくあの人なんだろうと推測がつく、というぐらいの事だった。
とりあえず、トーマの好きなタイプは・・・大人っぽい、ハッキリ物を言う、身長はスラリと高い、巨乳、スポーティ・・どれをとっても空性勢さんとは正反対の要素ばかりだ。

せめてと思って、二人で表情筋のトレーニングをしていると、俺の顔が面白いと笑いだした彼女の笑顔に俺はハッとした。


あと巨乳・・・。こればかりはどうしようもないと思っていると、空勢さんがポツリと「揉むと大きくなるって本当なのかなぁ・・・。揉み方が違うのかなぁ」とつぶやいた。俺は、空勢さんが自分のおっぱいを揉んでいるのか!?と驚いた。



・・・・見た目やスタイルなんて努力でどうこう出来るものじゃねぇ、トーマは見た目で人を判断しないと言う事で、トーマの趣味を一緒に楽しめるようにしよう、となった。
トーマは、スポーティな人だがそれを運動が苦手な空勢さんに求めるのは酷な話で、せめて一緒に野球観戦が出来るように、野球のルールを覚える事を努力することになった。

空勢さんは「ありがとう一ノ瀬君。私ちゃんと頑張れている気がする。やることいっぱいだけど嬉しい」と言って笑った。


俺はやっぱり、その笑顔には弱いわけで・・・。でもその笑顔はトーマを思ってのもので・・・。
俺は「何でトーマを好きになったの?」と思わず聞いていた。



答えは意外で、園芸部だった彼女が育てていたトマトの苗に、トーマの野球ボールが当たって折れてしまったのがきっかけなのだと。


以降、トーマはトマトの成長を気にかけ、毎日毎日苗の様子を見に来ていた。
そして育ちの悪いトマトの枝葉を手にとって「こいつも周りとうまくいかない自分を歯がゆく思ったりすんのかなぁ・・・」とつぶやいた。


その苗はまるで自分のようだと思っていた空勢さんは、成長の悪いトマトの気持ちを理解し、気にかけて見守り、実がつくとまるで自分の事のように喜んでくれたことがすごく嬉しかったから、と
言った彼女の顔が、恋をする女の子の顔だった。


てっきり、目立つトーマを見かけた彼女が一方的に一目ぼれしたのかと思っていたが、彼女はトーマと共に過ごした時間があり、トーマの人柄を知って好きになっていたのだ・・・。
トーマに恋をする彼女を見た時、俺の中にもやもやとした黒い感情が広がっていくのを覚えた。








空勢さんの話に、うまい相槌なんてうてるような余裕もなく、俺はモロに渋い顔をして不機嫌な態度を顕にしてしまっていて、空勢さんに気を使われたうえに謝られた。

俺は俺の気持ちを考えてみる・・・。バカだろ、ありえない。わかってた事だろ、これは違う、これは・・・そんなんじゃない。
俺は自分の気持ちを打ち消すように、空勢さんを誘った。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀魂 171話「知らぬが仏」

2017年02月20日 | 銀魂
ある星は、今、まさに滅亡の危機に瀕していた。


それは三年前のあの日、突如足元から現れた”黒い絶望”によって、地上の王国救世軍は僅か12時間で壊滅させ、生き残った兵士は、女隊長カイと部下のイワノフの二人だけであった。
2人は、地下で息を潜めて助けを待つ一般市民を衛る使命もあるが、二人では手のうちようがない。


女隊長は、宇宙一との呼び声高い、あの掃除屋に依頼を出して、星の希望を繋いでいた。
それは、長く暗く閉ざされていたこの絶望の星に指す一筋のまばゆい光であった。
彼の名は「星海坊主」



カイ隊長は、「星海坊主」を地下の国民達に紹介し、立ち上がって「絶望の黒い球」との戦いに決起するよう呼びかけたが、イワノフは「星海坊主」のカツラをわざと叩く落として見せて、皆のやる気を削いだ。


「星海坊主」はわかっていた。イワノフに戦う気がない事を。カイの無謀な戦いを辞めさせたいと思っていたことを。


イワノフは言う。
「あがいても無駄なんだ、試しにアレを壊してみるといい、んなマネしたらこの星は終わるぜ。ありゃあな、この星そのものなんだよ」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀魂 169話「好かれないものほど愛おしい」

2017年02月19日 | 銀魂
ジャンプをこよなく愛する銀時は、憂いていた。
連載中の「ギンタマン」のレベルの低さに、いい加減やめさせて「ワンパーク」や「ベルト」を超える逸材を育てるべく、イキのいい新人に変えるべきだ・・・と。



その独り言を聞いていた隣の小柄な男「小西」が、我慢ならずに銀時に声をかけた。
その男こそ、ジャンプ編集部で「ギンタマン」の担当をしている男だったのだ。



自分でも、こんな事をする為に集英社に入社したわけではなかった。メンズノンノの編集部に入りたかった、なのにこんなカッコ悪い漫画の担当に配属されてしまい・・・。

愚痴る小西にその銀髪の男は「なかならつくればいい、ジャンプ歴20年の俺が友情、努力、勝利のなんたるかを教えてやらァ」と言うので、その男を漫画家「空知」に引き合わせた。



男は、レクチャーを始めた。
主役のギンタさんの見た目が地味なのがいけない、主役はシルエットで見わけがつかないといけないと。


そこで男が提案した理想のギンタさんがこれだ。


ギンタさんのライバルだってそうだ、特徴的なシルエットが必要だ。

あとはつっこみ。現在のギンタマンのつっこみは長く、口説く、説明いすぎである点を改善すべく、男は江戸一番のつっこみ使いを紹介してきた。
そのツッコミ使いは銀髪の男のボケに「どんだけェー!」の一言でつっこんでいた。

その後、その男の言う通り「どんだけー」を取り入れた結果、その年の流行語大賞となり、小西はヒットメーカーとして有名になっていた。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀魂 168話「何事もノリとタイミング」 (伊東との戦い-9)

2017年02月18日 | 銀魂
真選組の皆が見守る中、土方副長と伊東参謀の因縁の対決は、土方が伊東を斬ることであっけなく幕をひいた。






だが、土方が伊東を斬った瞬間、伊東はそこに強く光る糸・・・絆があることを感じた。
見回すと、その場にいる全ての真選組の隊士から伊東へと繋がる無数の絆があった。



伊東がずっとずっと探し、求めていた「絆」を今は強く感じる事ができる。
裏切者ではなく、仲間として見送ってくれる同士がいる。
伊東は、ポロポロと涙を流すと「あり・・・がとう」と感謝の言葉と笑顔を見せて、倒れた。


-----------------------
後日、高杉の屋形船には怪我を負った河上万斎が、計画の報告に来ていた。
元々この計画は、真選組の目を幕府中央から逸らし、その隙に宇宙海賊「春雨」が密航して、中央との”密約”を成立させることが主目的であったのだ。

だが、その計画の裏目的である伊東もろと真選組を壊滅される事が失敗に終わった事で、河上を責めたが、河上万斎は「何事も重要なのはノリとリズムでござる。これを欠けば何事もうまくいかぬ。ノレぬとあらば、即座に引くのが拙者のやり方」と否定した。


高杉は目を閉じて「万斉・・・俺の歌にはノれねーのか」と問うと、万斉は聞き返した。
「・・・白夜叉が、俺の護るものは今も昔も何一つ変わらん・・と。晋助、何かわかるか?」
高杉は、閉じていた目を開いたが、何も答えなかった。
万斉は「最後まで聞きたくなってしまったでござるよ。奴らの歌に聞き惚れた、拙者の負けでござる」と言って屋形船を出て行った。


独りになった高杉は、「フン」と三味線をかき鳴らした。



-----------------
多くの犠牲を出した真選組では、殉死した山崎の葬式が執り行われていた。
実は山崎は、河上万斉にトドメを刺されてはいなかったのだ。
「気が変わった、ぬしの歌、も少し聞きたくなった。生き延びてその続き聞かせてくれる日を楽しみにしているでござる」と。



葬式で隊士達の間では、山崎ではなく、土方副長の事が話題になっていた。
あれ以来、謹慎処分を申し出て姿を見せなくなっていて、もう元の真選組には戻れないのかもしれない・・・という空気が漂っていたが、近藤も沖田もその事については何も触れなかったのが、さらに不安を増しさせていた。


その頃、土方はあらぬる神社仏閣を訪ね歩いたが、とうとう妖刀はその身から離れることはなかった。銀時は「ケッコーな事じゃないの、まさしく剣身一体ってわけだ、てめーにおあつらえの剣じゃねーか」と言葉をかけた。



土方は立ち上がると「世話になったな、俺の身体はとうの昔に霊やら祟りは定員オーバーさ、今まで踏み越えてきた敵や仲間達の怨念でにな。今更誰が死のうが振り返るつもりもねェ、全部背負って前に進むだけだ。地獄で奴らに笑われねぇようにな」と言って、立ち去った。

「どこに行くんですか?」という新八の問いに「決まってんだろ」とだけ言い残して。
ギャラの貰い忘れを心配する神楽に銀時は、「大丈夫さ、もう心配はいらねーよ」とつぶやくように言った。

土方は、鬼の副長として真選組に戻った。その腰には妖刀を指して。


戻ってきた土方を見て近藤は思った。
(トシ、おめーは俺真選組の魂なんて言ったがよ、こいつらにとっちゃ、おめーもかけがえのない魂なんだよ。よく帰ってきてくれたな)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀魂 167話「人の話をちゃんと聞け」 (伊東との戦い-9)

2017年02月18日 | 銀魂

銀時は、河上万斎ごとヘリコプターに飛び込んだ。
万斎は、銀時の肩を刀で突きさして斬りながら、問うた。
「白夜叉ァァ!!貴様は何が為に戦う!何が為に命を懸ける!最早、侍の世界の崩壊は免れぬ!!
晋助が手をくださずとも、この国はいずれ腐り堕ちる!ぬしが一人あがいた所で止まりはせんっ!この国に護る価値など最早ない!!!この国は腹を切らねばならぬ!!
・・・坂田銀時、貴様は亡霊でござる。かつて侍の国を護ろうと晋助らは共に闘った思い・・・・それを捨てられず、捉われた生きた亡霊だ」




言い終ると、万斎は銀時の肩に突き刺した刀を大きく振りぬき、銀時をヘリから突き落とした。落ち行く銀時に、鎮魂歌(レクイエム)を奏でてやろうとした万斎は、ギクリとした。

いつの間にか、万斎の弦が万斎ごとヘリに巻き付けられていたのだ。
その弦の先は、銀時の木刀に繋がっていた。
「オイ・・兄ちゃん、耳の穴かっぽじってよぉく聞け、俺ァ安い国なんぞの為に戦った事は一度たりともねェ、国が滅ぼうが、侍が滅ぼうが、どうでもいいんだよ!俺ァ昔っから!
今も昔も、俺の護るもんは何一つ変わっちゃいねえェェェ!!!!」











ヘリが銀時の怪力で叩き落とされたのを、列車の中から真選組の連中は唖然と見ていた。すると、瀕死の伊東が声をかけた。 「何をしている、ボヤボヤするな。副長、指揮を・・・」


その声にハッと我に返った土方は総員に指示を出した。
「敵の大将は討ち取った!!一気にたたみかけろォ!!」
その号令と共に、真選組vs鬼兵隊の大乱闘となったが、互いに兵力を削いで決着はつかずに戦いは終わった。



戦場に残ったのは、血まみれの伊東だった。
「人と繋がりたいと願いながら、拒絶されたくなくて、傷つきたくなくて、ちっぽけな自尊心を守る為に本当に欲しかったものさえ、見失ってしまうとは、ようやく見つけた大切な絆さえ自ら壊してしまうとは・・・。
何故、いつだって気付いた時は遅いんだ、
何故、共に闘いたいのに立ち上がれない
何故、剣を握りたいのに腕がない
何故、ようやく気付いたのに、僕は死んでいく・・・」



だが組織の裏切り者であり、犯罪者であり、人殺しである以上、警察組織である真選組としては、処罰しなくてはならない。連行されていく伊東を擁護しようとする新八を近藤が止めた。
だが、その近藤の目からは、涙があふれて流れていた。




言葉にならない近藤に変わって銀さんが、新八と神楽に言った。
「・・そうさ、ほっといたって奴は死ぬ。だからこそ、斬らなきゃならねェ。あいつらは伊東を裏切者のまま死なせたくねーんだよ、最後は・・・武士として・・・仲間として・・・やつを死なせてやりてーんだよ」









コメント
この記事をはてなブックマークに追加