無名人独白集

美しいもの、麗しいもの大好き。その真逆は嫌い。
故に「小異に拘り、大道を外す事勿れ」
そんな我侭で偏屈な人の独り言。

やっぱり日本人は独特なのでしょうかね?

2007年05月27日 10時34分30秒 | 独り言・・・
さて、たまには柔らかい話をw

世界で5番目、韓国にイージス艦…国産1号が進水式(読売新聞) - goo ニュース
ちと前のニュースですが、
5/25の十条における総連式典情報に紛れてしまいました。
一言言っておきたかった事もありますのでw


まずは、あちら様が色々訳の解らん事を云っているのは、置いておいて、
なんでも、「世宗大王艦」という名前をつけたそうです。
世宗大王といえば、李氏朝鮮の名君と云われる世宗のことですよね。。。

欧米で歴史上の人物や王の名を艦名につけることは極一般なのですが、
マレー沖海戦で日本海軍の陸攻隊に沈められた
プリンスオブウェールズなどが良い例でしょう。

しかし、私が子供のころから感じている疑問w

えらく不敬なことになりません?
その名を冠した艦の中で、それを踏みつけて生活するの訳で、
トイレなんかもある訳で、えらく不敬な気が・・・(油汗

ましてや沈められたらどうするのよ?


まぁ日本人なのでしょうね。
日本には、「家康」とか「正成」とか「直久」とか「閑叟」なんてフネはありません。
今後も日本においてアメリカ張りに、大統領の名前をつけるやうに人名を使うことなぞないでしょう。

日本民族に一番近いと言われている朝鮮族ですら、
ハングルを作ったと言われる指折りの名君の名前を付けちゃったのですから、
私としてはちょっお吃驚w

これ以上の船を作る場合どうするのでしょう?
色々と問題があると思うのですが・・・他人事ながら気になってしまいます(苦笑
嫌いな面も多いですが、やはり兄弟のやうに感じている国のやることですからね・・・


やっぱり日本人って独特なのでしょうかねぇ?



ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木を見て森を見ず? | トップ | よし! »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hal)
2007-05-27 18:09:16
そうそう、そこって自分も疑問でした

艦名に人名をつけると、撃沈されたらどうすんだろうって思いますよね

名前を付けた瞬間にそれがモノからヒトに感じられてしまう感覚って日本人独特?

地名を付ける方が無難だと思うんだけどなあ。

ところで韓国のスーパーイーヂス艦、進水式だかで、のっけからノムさんに
「こんな船本当に必要なの?」とか言われたらしいですね~
ノムGJ!
Unknown (無名人)
2007-05-27 21:41:56
ノムさん・・・

命名の理由であんな事言ってたのに・・・w
それが普通でしょう (yama)
2007-05-28 12:19:52
過去の偉大な人物にあやかって
その名をつけるというのは自然な考えだと
思いますよ。

「船が沈んだらその人に申し訳ない」
なんて考える日本人は
ちょっと気の回しすぎのような感じもします。
日本人以外ならいちいちそこまで考えないでしょう。

別にどっちがいいとも言いませんがね。
特に・・・ (QTA)
2007-05-29 01:33:44
そんな所には疑問を感じませんでしたが、ただ日本人は大和や武蔵などそっちの方が、かっこいいと感じたからでしょう。あと当たり障りがない。

人名はいいとして、艦名に大王の文字があるところに、凄い違和感を感じました(一言で言えばダサイ、最新のイージスに大王はねぇだろう・・・)。
Unknown (無名人)
2007-05-29 11:19:26
>yamaさん
やはり、だんだんと日本もそうなっていくのですかね・・・

気の回しすぎ。と言われてしまうと身も蓋も無い。
言葉には、言霊があり、
名には、力が宿る。
そう日本人は考えたからこそ、
字(あざな)を持つ者も居た訳ですから。



>QTAさん
始めまして。ですよねw
yamaさんにも申し上げたのですが、
古来、日本人は自らの名を呼ばれる事をにより、
縛られるとさえ考えたのです。
まぁ呪縛のやうなものとお考えいただければ解りやすいかと。

日本人にとって、人の名とはそれだけ重要なもの。
私も父母より、幼少時から自らの名の由来を聞き、
字を持つ者ゆえ、妙に気になっていたのでしょう。

大王が付いている件についてはw
たしかに、なんか変な感じですね(苦笑
そもそも、普段からそう呼ばれていましたっけ?
言葉は力 (yama)
2007-05-29 12:24:32
どこぞの新聞社もそんなこと言ってましたが・・





>>気の回しすぎ。
と言われてしまうと身も蓋も無い。
言葉には、言霊があり、
名には、力が宿る。
そう日本人は考えたからこそ、
字(あざな)を持つ者も居た訳ですから。


それなら偉人の名をつければ
船にその偉人の力が宿る→船は守られる
という考えもできるわけで


沈むことを前提に名をつける日本人と
沈まないことを前提に名をつける外国人の違い
Unknown (無名人)
2007-05-29 15:17:55
沈む沈まないよりも、あるいみ乗る事のほうが問題かもw

沈むのが前提というよりは、
永遠の捉え方かも。。。

コメントを投稿

独り言・・・」カテゴリの最新記事