gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

H29ヘボ卓球(74)

2017-08-05 13:21:08 | カッペノスーパー哲爺

市民交流センターに行った時もお馴染みの男性沖田さんが来ていないこの間の小学校の体育館では顔を見せたが直ぐに帰ってしまった後で分かったが何処かの練習場でラケットを忘れたらしい鞄の中に入ってない会にあるラケットは自分に合わないからやりにくいと云って帰ったらしい。沖田さんは1週間に6カ所も練習に行っているが忘れた場所へは1週間行かないからか交流センターにも来ていないお陰で私は練習相手がいないから一人でサーブの練習をしていた誰もが私が沖田さんの来るのを待っているものと思い相手に来ないそうしている内に遅くにやってきた畑田さんのお父さんの方がやっぱり一人でいたので練習の相手を頼んでラリーをした畑田さんは優しくて私に色んな打ち方をさせてくれ特に台の左角でバックハンドで構え強烈に打ってきたのをバウンド直後ラケットを被せてチョンと当てて強烈にネットスレスレにに返す此を何球も何球も繰り返し練習させてくれたこんな場面は試合では滅多にないが覚えておいて損はない。だが小学校の体育館で今度は畑田さんの息子さんにもやってもらったがタイミングが違う強烈なスマッシュでバウンドの位置もスピードも違うなかなか続かないやっぱり色んな人と経験を積まなければ駄目だ。息子さんと20分位しているとおデブの女性片山さんと私より1歳年下の女性村井さんが入り一寸練習した後ダブルスをした私と片山さんが組み相手は息子さんと一寸実力の落ちる村井さんだ此はよい勝負になるなと思ったが3セット全敗だどのセットも善戦したがやっぱり息子さんの一人舞台だ何時もA級クラスで練習している片山さんも息子さんのサーブと強烈なドライブの掛かったスマッシュにはお手上げ状態だったその後私と息子さんと組んだ しかし1セット取られたすると村井さんと片山さんは物凄く喜んだ1セットも取れるとは思わなかったらしい。今迄全然相手にしてくれなかった片山さんがこの頃はどうしたことが相手にしてくれるこの前の市民交流センターでもダブルスに向こうから入りに来てくれた どうしたことが宗旨替えでもしたのかそれはどうでもよいが私にとっては嬉しい事だ今度は片山さんとコンビの運動神経の塊の女性の上村さんも相手になって欲しい 私のサーブも下回転には片山さんはレシーブも失敗してくれたしチキータ紛いにも慣れてないからからラケットにもよう当てず空振りをして玉が消えたと驚いていた此には私は多いに満足嬉しかった だがこのチキータ紛いはサーブによっては全然出せないのが多い特に上級者のサーブには出す余裕がない どんなサーブにも出せるぐらい腕を磨きたい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« H29ヘボ卓球(73) | トップ | H29ヘボ卓球(75) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カッペノスーパー哲爺」カテゴリの最新記事