【幸せ☆は突然やってくる】

幸せはどこにでも見つかるもの!
虹の彼方ではなく、ほらすぐそこにも!
何気ない日常に見つけるシアワセのオスソワケ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

重要なメッセージ

2005-09-19 | Weblog
今日、重要なメッセージを受け取った。
ドキュメンタリー映画「107+1~天国はつくるもの~」に登場したアフガンの老人から。

※アフガニスタンはソ連・米国といった大国の思惑に翻弄され、内戦によって
国家がぼろぼろになっている貧しい国だ。今も大量の難民を生み出している。

国民の3分の2は、1日2ドル以下で生活しており、幼児の4人に一人が死んでいる。
衛生的な水が無いため、慢性の下痢で衰弱して死ぬのだという。※

映画に登場した難民キャンプの老人は、希望を捨てないでがんばってください
と伝える日本人に言う。

----------
あなたたちが希望を捨てないで下さい。

あなたたちには力がある。

どうか勇気を持って行動してほしい。
----------

・・・どかーん! と来ましたね。コレハ。

歴史の歩みの中で、大国の侵略や支配に対して逆転のチャンスを掴めなかった国
の人々から見たら、日本ははるかに優位で、ありあまる可能性がある!

私たち日本人には大きな「務め」がある!そう感じて勇気を貰った一日でした。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

なんにもなしにすると何でも入る

2005-07-22 | Weblog
最近ますます「自分の頭の中の雑音」が消えていく。
気がつくたびに摘んで捨てる・・を繰り返しているおかげでしょうか。

以前は人に会うと、
「なんでこの人こうなんだろ(こうじゃないんだろ)」とか
「もっと~であるべきだ(べきでない)」とか
「この人は多分こんな人だな(こんな風に考えるんだろうな)」とか

【頭の中に勝手に現れてくる雑音】が妨害電波のように煩く飛び交って、
そして目の前に居る人と本当には一緒に居なかったように思う。

雑音を捨てて「なんにもなし」になって行くと、荒れた藪だった場所が
広い草原に変わったようで、そのスペースに何でもすーっと入ってくる。

意味づけ・解釈・思い込みの雑音をすてて、ぽっかり大きな空間を空けると・・

誰とでも、何とでも、すっと自由に付き合えるようです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あるものを愛し、ないものを求めない

2005-06-16 | Weblog
現状に不満がある場合(特に人間関係など)、つい「変えたい」と思う。
自分が満足、あるいは納得するように相手や世界を変えたい。

もちろん「現状打破」「進歩」「革新」「理想へ近づく」事は大切だけど
身勝手、我儘、エゴイスティックな欲望に根ざしたものなら要注意。

「もっと・・だったらいいのに!」「・・・であるべきだ」「べきじゃない」
という会話が心に出てきたときはチェックしてみる。

今あるものをそのまま「良し」として受け入れ、どこにも存在しないものを
追い求めたりしない。

あるいは自分がほしいものを先に与えてみる。

そんな風に「自分のほう」を変えてみると急に問題が消滅したりします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

天国を作る

2005-05-29 | Weblog
昨夜は久しぶりにDCT交流勉強会に参加。
やはりここは「場」が良い。

年代も業界も違う様々な人が集まるのに、初めての人もすんなり
なじんで、勉強と交流を楽しんでいる。
誰も防衛的になる必要はないし、勝ち負けを競う必要もない。

今日が一回目、という参加者の「世の中全部がここみたいなら良い」
という発言が心に残った。。

そう、天国は死んでから行くところではなく、いまここに、地上に、
自分達の居る場所に作るものなんだ。

そしてそれを、少しづつでも広げてゆけば良い。
まずは自分から、そして身近に居る人から・・

光が射したような気持ちにさせてくれたひと時でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

世界がもし100人の村だったら

2005-05-15 | Weblog
昨夜TVで「世界がもし100人の村だったら」という番組をやってました。
あまりテレビ観ないのだけれど珍しくフルに観てしまった。

番組の元になった本は、書店で立ち読みしている最中に感動のあまり
泣き出しそうになり、あわてて買って帰った思い出のある一冊だ。
知っている人も多いだろうけど、世界63億人の人口を100人に縮尺して
みたらどう見えるか?という内容。

「銀行に預金があり、財布にお金があり、家のどこかに小銭が転がっている
人は、(100人のうち)一人です。」
「一人が大学教育を受け、二人がコンピュータを持っています。でも14人は
文字が読めません。」
「17人は、きれいで安全な水を飲めません。」

・・既に今、日本人は信じられぬほど裕福な世界に住んでいる。なのに。。

TVでは、様々な国で苛烈な環境におかれながら生きている子供達の姿を
紹介しており、単純に「可愛そう」ではとても語れない・・
一日過ぎた今でも、心が震えてうまく言葉に整理できない、そんな状態。

一日中ゴミの山をあさって使えるものを探し、それを売って3日に一度だけ
やっとご飯を食べる12歳の少女がいました。
しかし彼女は、病気で動けないお母さんをいたわり、二人の弟達の世話をし、
命いっぱいで「愛」と共に生きているように見えました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

何を愛してる?

2005-05-09 | Weblog
必要があり、休日にPCに向かってイラストを作っていた。
何時間もぶっとおしで作業していたのに、出来栄えに満足している
自分にまったく疲労感はない。

好きな事、楽しい事なら幾らでもできる、ってのはホントだなあ。

もし自分の毎日が、疲れていてグッタリなら、本当には好きな事を
やっていないのかも知れないぞ。

反対に、とにかく好きで、一日中やっていても楽しい事があれば、
どうしてそれが好きなのか自分を調べてみるのはオススメです。

「自分」というものを掘り当てる良い機会になりますよ。

ちなみに自分の場合、絵じゃなくてAccessでデータベース構築を
している時も無性に楽しい・・ これはナンダ?と調べてみたら
「美しく、よく考えられ、秩序・バランス・調和のとれた構造」を愛する、
それが自分なんだあ・・と解りました。

(スゴイ俺)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自分は自分が決定している

2005-04-28 | Weblog
夢や目標を書いて手帳に入れて持ち歩く。そして毎日見る。
これだけで確実に成果は近づいてきます。

先日、さらに具体的に数字を入れてみた。

「笑いの絶えない家庭の源泉で居る」
→「子供たちと会話を”2倍”する」

すると途端に子供達との会話が増えた自分を発見!

おおお、人間ってこうして「自分自身で自分を構築できるんだ」

面白いですよね。

あなたなら何を書きますか?具体的なのがいいですよ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

つらくなった時の質問

2005-04-04 | Weblog
人間だもの、いつも上機嫌とはいかない。
不平不満や文句が出てくる日もあります。

そんな時の呪文!じゃなかった自分への質問。

「今日、わたしは何に感謝しているだろう?」

そう聞いてみると、けっこう出てくるものですよ。

・・・今日もこうして、新しい一日がきたことに
・・・今日もこうして、すべき仕事があることに
・・・今日もこうして、愛する人々がいることに

感謝☆
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あとにする時

2005-03-31 | Weblog
今日ひとつの詩を読みました。

「そのうち」というタイトルで、そのうち・・そのうち・・
をくりかえしているうちに、結局は何もやらなかった人生に
なっちゃうよ、というような内容でした。

最近よく、このことを考えます。

どうせやらなくちゃいけない事を「あとで」にする時、自分は
何から逃げているのだろう?
疲れていたり、手がふさがってる訳でもないのに、ぐずぐずして
取りかからない時、自分は何を避けているのだろう?

結論を出すこと?
困難と闘うこと?
怖れに直面すること?

「あとで」が出てきたときは自分を検証するいいチャンスですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しんでやる

2005-03-23 | Weblog
ああ、楽しんでやろう。何事も。

やら「ねばならない」や、しなく「てはならない」をどんどん手ばなして。

人生から無用な意義深さを捨てて身軽になって。。

それでも煮詰まってうまくできない時は、必殺のこの呪文だ!

「ま、殺されるわけじゃないから!」

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

すべて良き一日

2005-03-22 | Weblog

自分は幸せだ、なぜなら・・・と考えて、

「これまでの人生で、住む家がなかった事も、食べる物に困った日もなかった」

と思った。

現代日本では当たり前の話。「幸せ」の証拠とするには足りないかもしれません。

でも、「幸せ」は何かの証拠によって証明されるものではなく、今日という日に
感謝して「幸せだな」と思える事が幸せなのでしょう。

人生が体験の場なら、どんな出来事が起こっても、それは人生からの贈り物。

甘いのも、カライのも、ずいぶんとニッガイのも・・
すべて楽しんで味わってやろうじゃありませんか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

祈る

2005-03-17 | Weblog
手術をするのでエネルギーを送ってあげてほしいという依頼が来た。
よしきた!任せろ! 一日、思い出しては「氣」を送った。

「祈り」には効果がある、という実験結果があるそうです。
正確なところは忘れましたが、こんな話です。

病気の人50人づつのA・Bグループを作り、この人たちとは無関係な
「祈る」グループから、Aグループの人たちの回復を毎日祈って
もらったところ、同様の治療を施しているにも関わらずAグループの
治癒率がBグループの何倍も高かった、という結果が出たそうです。
(病気の人たちは祈られている事を知らなかったそうな。)

人の意識は奥のほうですべての人とつながっている、とも言います。

何もできないと思っても誰かのために祈ることはできますね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

I LOVE YOU Because ...

2005-03-10 | Weblog
今日はいい言葉をひろった。

I love you because you are YOU.

「あなたの事を愛してるよ。それは、あなたがあなただから。」

何の条件もなく、ただあなたのままで、そのままで。それで「良し」。

あるがままを、存在を、その人を、まるごと認める「承認」という
センスがここにあると思います。
親が、子供に対して持つべき一番大切なセンス。。。

子供たちに合氣道を教えていると、うまい子、へたな子はいても
「ダメな子」はいないと気づきます。みんな、どの子も素晴らしい!

その子供たちが大人になったのが私達なら、私たちはみんな素晴らしい。

あなたが良い子だから。親切だから。美人だから。お金持だから。。。
そんな条件が何もなくても。

家族に、友達に、自分に関わってくれたみんなに。
(このブログを読んでくれた、あなたに)

私たちは皆、そのままで素晴らしい。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

働けるなら幸せじゃないか

2005-03-09 | Weblog
仕事が押して深夜0時半に帰宅。やっと晩メシ。。
さすがに「冗談じゃないよ・・」と文句な気分。

メールが来た。「友達がガンで手術。アドバイス求む」
途端に文句は吹っ飛んだ!

詳しく読むと、弊社で発売準備中のガンに効くアガリクス飲料を
試してみたいと言う。緊急なので明日すぐ欲しい。

よし!とばかりメールであれこれアドバイス。
こうなりゃこっちも儲けは抜きだ。

だって友達から募金を募ってその子に買ってあげるという。。
見ず知らずの人だが俺もカンパすることにした。
ぜんぜん商売になっていない。。

それで、なにが幸せかって?

自分が何かの役に立てること。
友達のために何かしたい、という天使のような人と一緒に居られること。

文句言ってる場合じゃないよ。
こうして働けるならもうすでに十分幸せじゃないかと教えてもらえた。

ありがとう。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

皇太子殿下もひとりのパパとして

2005-03-06 | Weblog
先日TVを見ていたら、皇太子殿下がお誕生日の記者会見で、
「非常に感銘を受けました」と、詩を朗読されました。

翌日新聞に掲載されたこの詩をまた読んで、正直に胸にきて、
涙が出ました。今読んでても、また泣いちまったい(涙)。

こういうの勝手に掲載しちゃいけないのかもしれないけど、
見てなかった人は読んでほしくてここに置いときます。

--------------------------------

「子ども」

批判ばかりされた 子どもは
非難することを おぼえる

殴られて大きくなった 子どもは
力にたよることを おぼえる

笑いものにされた 子どもは
ものを言わずにいることを おぼえる

皮肉にさらされた 子どもは
鈍い良心の もちぬしとなる

しかし 激励をうけた 子どもは
自信を おぼえる

寛容にであった 子どもは
忍耐を おぼえる

賞賛をうけた 子どもは
評価することを おぼえる

フェアプレーを経験した 子どもは
公正を おぼえる

友情を知る 子どもは
親切を おぼえる

安心を経験した 子どもは
信頼を おぼえる

可愛がられ 抱きしめられた 子どもは
世界中の愛情を 感じとることを おぼえる

--------------------------------
ドロシー・ロー・ノルト(アメリカ 家庭教育学者)
「あなた自身の社会 スウェーデンの中学教科書」
--------------------------------


親のための勉強会「LETセミナー&交流会」

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加