季節の変化

活動の状況

美ヶ原高原の高山植物を見る

2016-09-18 00:00:55 | Weblog
美ヶ原高原では、気軽に高山植物を見ることができる。
ウスユキソウハクサンフウロ

「今が旬よ、よく来たね!」といっている。

美ヶ原高原の標高は、2,000メートル。
美ヶ原高原へ行ったのは、2016年7月30日。
松本市街は600メートルだから、標高差は1,400メートル。
松本市街は30℃以上。美ヶ原高原は26℃だった、心地よかった。

ウスユキソウコオニユリ

「きれいでしょう!」といっている。

ヤマハハコ

虫が止まっている。

ハクサンフウロ

一面に咲いている。

イブキジャコウソウ


ノアザミハナチダケサシ


マツムシソウ

2匹のハチを、おびき寄せている。

キジムシロ?


コウリンカ

ハチが、夢中で密を吸っている。2匹いる。

マルバダケブキ

キタテハのお気に入りのようだ。よく飛んでくる。

ヒオドシチョウ

道路で、日向ぼっこをする。羽を広げたり、閉じたりして。
近づくと、逃げる。そして、離れた場所で、羽を休める。

ウメバチソウ


ウツボグサ


ヤマホタルブクロ


ハクサンボウフウ?


キオン


美ヶ原高原案内図

左上の松本から ⇒ 美鈴湖 ⇒ 思い出の丘 ⇒
終点の美ヶ原自然保護センターへ。1時間のドライブ。
頂上の▲王ヶ頭(おうがとう)2,034メートルへ (30分)。
王ヶ頭ホテル ⇒ 塩くれ場(現在地)へ散策(30分)。
そして、引き返した。景色を眺め、写真を撮りながら。
()内の標準時間よりも、2倍の時間がかかっていた。

▲王ヶ頭 ⇒ 塩くれ場への遊歩道

花は、遊歩道の右側に多い。左側はさん。


遊歩道から振り返った王ヶ頭ホテル


鉢伏山(はちぶせやま)。

上は黒雲、手前は枯れ葉。この対象がいい。

美ヶ原自然保護センター ⇒ 思い出の丘で。
オオマツヨイグサ?

群生していた。


王ヶ頭の電波塔

手前はノアザミ。

カワラナデシコ


美ヶ原高原では、
ヤマハハコ、ウスユキソウを簡単に見ることができる。
ヤマハハコ


ウスユキソウ

日当たりのいい、乾燥したところが好きなようだ。
それに、標高2,000メートルの涼しさ。

美ヶ原高原は、晴れると、北アルプス、中央アルプス、
南アルプス、八ヶ岳、浅間山がきれいに見える。
2016年の夏は、晴れる日が少なかった。
花だけを見る美ヶ原高原もいい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女川原発もメルトダウンした... | トップ | 奥穂高岳のモルゲンロート »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL