barayuka雑記

人生に迷う人。心の整理、ひとりごとなど。

飛べない鳩

2017-10-17 22:27:04 | 日記
くだらないことだけど


私が折り紙で折った鳩を


ずっと置いててくれて嬉しかったの


鳩は飛ばずにあっけなく足元に落ちた


あなたはそれを拾ってくれたのね


私の間違った行動に、あなたは好き嫌いで選ぶ余地なんかなかったはず


後悔してたの


みっともない自分でいたくなかったけど


私は十分みっともなかった


したたかでもないし、嘘もつけないんだ


ちゃんと謝ったりもできなかった


ごめんなさい

コメント

優しい嘘

2017-10-17 18:40:24 | 日記
ねぇ


あなたはあの時目をそらしながら


ちゃんと私の話をきいていたたず


あなたは私に嘘をついたのね


私は、それがどうしても悲しかった


嘘をつかないで


あなたが守りたいものが


なんであったとしても


私はあなたと嘘で話なんかしたくなかった


馬鹿でしょう


馬鹿で不器用で、自分でも何を言ってるかわからなかった


私は優しい嘘なんか大嫌いで


それだけで悲しくなるの


馬鹿にしないでって思うの


馬鹿でしょう


傷つかないように、なんて嘘で


それは本当に私のため?


欺瞞でしょう?


私には帰るところがない


嘘の会話なんて何の意味もないから


ちっとも優しくないから


だけど仕方ないよね


ごめんなさい
コメント

追いかけていた人

2017-10-17 08:49:43 | 整理
間違えて追いかけてしまったんだなぁと思う


寂しさにまけて追いかけてしまった


見てもらえるためならなんだってする勢いで


追いつかないと置いていかれるからと自分を駆り立てて


会えなくなってもいつまでも追いかけ続けていた


相手のためとかじゃなく、捨てられたくなかったから


どこにもいかない、なんてどう考えても無理があるのに


どこにもいかないと言われてるのに


どこにもいかないなんて、どこかに行く人が言う台詞だと思ったのに


馬鹿みたいにその言葉に縋ってしまった


私はたとえば今誰かの胸で泣いたとしても、先輩、と言ってしまうんだろう


そのくらいには、その言葉をお守りのように握りしめて、おまじないのように唱えながら生きてきたから


それでどこかに辿り着けたならよかったのかもしれないけど


振り出しなんてね


できない約束はしないでください


言葉をかけるなら、信頼をください


私を弱い人間にしてしまわないでください



コメント

頬にうけた風

2017-10-15 19:39:49 | 整理
歩き出すと、秋の冷たい風を頬にうけて、私たちはその心地よさを分かち合って心から笑いあった


そこに責めなければいけない理由も、謝らなければいけないことも、悔やまないといけないことも、もうないのだと思った
コメント

心が折れる

2017-10-12 14:49:02 | 日記
木星も蠍座にはいったことだし。


1ハウス


土星がきたときは大変だったな


わかりやすく空気が変わったのか、心が折れてしまった


心が折れてても顔は笑えるみたい。不思議だね。


言葉はでてこない


空っぽで


両親と喧嘩したりして


寂しさを紛らしてるみたいな


コメント