barayuka雑記

人生に迷う人。心の整理、ひとりごとなど。

何が起こったのかわからない

2016-10-26 05:39:52 | 病院・カウンセリング・治療
何が起こっているのかわからない。
自分の気持ちがわからない。
自分がどうして「汚れた」と思ってしまうのかわからない。
辱めを受けた、と。
私は騙されたの?
利用されたの?
切り捨てられたの?
私の権利は?
プライドは?
どうしてだろう。

多分私は軽く扱われたことに傷ついてるんだ。
既婚者に安易に触れられたことに
それを信じて?私のせいにされたことに納得がいってない。そんなことが病院で起こってしまった。
支配関係になってしまうのはどうしてだろう
コメント

話にならない病院

2016-10-26 00:13:26 | 病院・カウンセリング・治療
今日は、診察とカウンセリングだった。
私は何のために生きてるとか目標がわからなくて、それなのに毎朝6時に起きないといけないということが辛い。

なにかする時のために、体力は必要だと思う。ダラダラ引きこもる癖がつくのは自分でも怖い。
でも、自分を信頼出来なくなることの方が怖くないか?

これは病院で相談することなのか。

やらなきゃいけないことがだるい。自分で決めたことなら自分で引き受ける。それ自体は、指示なんかされなくてもそうする。これまでそうしてきた。

いらないかもしれない。もう。
診察もカウンセリングも何のために受けてるのか、わからない。
たったひとりで生きていくのは不安だけど。

だけど、どうして私は片っ端から何かを切り離して行こうとするんだろう。それ自体がなんかおかしいような気がする。

あのね、診察でもカウンセリングでも、反応が欲しいんだ。指示して欲しいんじゃない。きいてくれるだけでいい。じゃないと、どうして誰も、私のことそんな価値のない人間みたいにレッテルはって、その前提を受け入れないといけないのかわからないから。

気づいてないとでも思ってるの。
先生、私のこと信じてないよね。
私が嘘を言ってるって思ってるよね。
私のこと信じてくれないんだよね。
コメント

言葉にできないもの

2016-10-24 21:59:20 | ひとりごと
姉は学年でいうとひとつ上なのだけど、小学生くらいの時、今であればあれは緘黙だったのではないか、というふうに見えていた。妹の自分から見てもボーッとしていて言葉が出てこなくて、なんとなく口もあきっぱなしで、当時の姉の髪型が直毛の真っ直ぐな黒髪を真っ直ぐに切ってたこともあり、こけしのようだと思っていた。

大人になってから、その時のことを聞いてみたことがある。あの時はどういう状態で、でも今は生き生きと人より話すくらいで。どうだったのか。

姉は、「言葉にできないものを言葉にしようとしてた気がする」と言っていた。本来なら、言葉にならない、しなくていいものまで言葉にしようとしていた、というニュアンスに受け取った。要するに何かに引っかかってそこばかり見てしまって視野が狭まったような感じだったのだろうか。

実は、今の私がそんな感じなんじゃないかという気がしている。言葉にできない。言葉にならない。私の世界はどうしても、外の世界と隔たってしまう。
ある時両親との関係が崩壊したときから、私も姉と同じような道をたどることになったんだろうか。と言っても、違うのは、私はもういい歳で、姉は子供だったということ。

無理に言葉にしなくていいのかもしれない。
コメント

駄目だぁ

2016-10-24 16:52:07 | 仕事のこと
足は震えるわ冷や汗出てくるは胸は痛くなるわ。

体力がない。精神的な体力も。駄目だなぁと思いました。

駄目なのがわかってよかった。

今日はあえて京都の烏丸御池のハローワークにきました。

管轄のハローワークが2つあり、ひとつは私が住んでるとこより田舎にあります。
そこはアクセスが不便。私からすると、京都のほうがまだ知ってるという理由でした。

田舎の方だったら違ったのかなぁ。

窓口に相談しようかと事前に悩んでたけど、こんな状態の自分にショックうけて勇気出ませんでした。立ち尽くすばかり。

今はスタバによってますが、こうして抹茶ティーラテとか飲むのにもお金がいる。それを稼げない自分、と思うと、どこかでは頑張らないといけないんだろうと思います。

都会の女が綺麗だのマナーがどうだとかいうCMかなんかが非難されてるようですが、確かに都会の女の人は綺麗です。全く無頓着に出てきた自分にはそのあたりもハードルになるのであろう…。
別に私は気にしなくても、そういうところで人は評価してくるものなのだというのはデイケアいるときに散々感じたことです。お前に言われたくないわ、って思ったけど。

ちょっと自尊心下がってるのは、体重が増えてること。体型がどうであろうとおしゃれを楽しんでる人も世の中にはいるんだけどねぇ。。私の場合は、過去にすごく痩せてた時代があるので、そのせいで自分に対してそこからのマイナス評価になってしまいます。。

自己受容、大変だよ…。ていうか、受容するだけじゃ、駄目にしかならないので、やっぱり努力しないといけない。こういう努力は、多分都会にいる方が緊張感があってやりやすいだろうと思います。

どうしよう…。
コメント (2)

出かけてみる

2016-10-24 14:57:59 | 仕事のこと
もうこんな時間だ。
今からハローワークにいく。
何か取れそうな資源がないか、探しにいく。
成果はないかもしれない。


相談をしてみようか、悩んでいる。
相談となっても、何をどう相談していいかもわからない。


とても不安になってきた。胸のあたりが重い。
でもきっと、なんの不安もなく生きてる人なんていないんだ。
コメント