barayuka雑記

人生に迷う人。心の整理、ひとりごとなど。

衝動

2017-05-20 17:23:33 | ひとりごと
心が何も感じなくて、自分が他人のように遠くに感じる。
こういうのを離人感というのかな、と思い当たった。言葉は知ってたはずなのに、何かずれてしまってる気がする。


生きてる感じがしない。


誰か助けて、と思ってるけど、きっと誰にも届かないんだろうな、とか。


こんなことを書くと本当に離人症の人を傷つけてしまうかもしれないけど、どこかでは誰かに見て欲しくて選んでるのかもしれない、と気づいた。過去の自分もそうだった。こういう防衛は無意識のうちに選んでくせになってしまっている。見つけるのは自分でも難しい。本当に自分のことがよく分かってる人には見えるかもしれない。でも、自分の感覚でも、そういうのを見抜ける人って少ないような気がする。というか、ずっと少なくとも自分はそう思ってたから誰かに期待をしなかったんだと思う。


ここでこんな風に書いていても、診察の時には思い出せないか、覚えていても、きっとうまく言えない気がする。これまでそうだった。メモをしていけば、というのは、誰かにそう言われて、それを受け入れた時のみアドバイスとして成立する。私はまず受け入れることがとても苦手だ。人の声が耳にはいらない。


大丈夫って言ってしまうのはなんでかというと、きいてもらえなかったときのショックが大きいからそれも自分を守るためなんだと思う。


誰かに話しかけて欲しい。こたえることなら出来るから。だけど、機械のような社会で他人に興味を持ってもらえることって。私自身はそれをされたいからずっと人にはしてるのに。


私のこのくせは多分ずっと子供の頃からだと思う。


見つけて欲しい


もし駄目なら


どこまで我慢したら気づいてくれるだろうっていう


命懸けの賭けなんだと思う。


馬鹿だと思う。





Thanatos -If I can't be yours-

Thanatos
– If I Can’t Be Yours
 
 – LOREN & MASH


Now it’s time
I fear to tell
I’ve been holding
it back so long
But something strange
deep inside of me
is happening
I feel unlike
I’ve ever felt
And it’s makin’ me scared
That I may not be what
I (think I am) Uh…

What of us
what do I say
Are we both from
a different world
Cos every breath
that I take
I breathe it for you
I couldn’t face my life
without you
And I’m so afraid
There’s nothing
to comfort us
What am I
if I can’t be yours

I don’t sleep
don’t feel a thing
And my senses
have all but gone
Can’t even cry
from the pain
can’t shed a tear now
I realise
We’re not the same
And it’s makin’ me sad
Cos we can’t fulfil
our dream
(in this life) Uh…

So I must
let us break free
I can never be
what you need
If there was a way
through the hurt
Then I would find it
I’d take the blows
Yes I would fight it
But this is the one
Impossible dream to live
What am I
if I can’t be yours
Ha…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 目印 | トップ | 途中で話すのをやめた話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL