barayuka雑記

人生に迷う人。心の整理、ひとりごとなど。

退屈

2017-07-06 12:10:32 | 日記
そうか、退屈なんだ、と思った。

1日ごとに調子も気分も考えることも違う。昨日の私と今日の私は違う。
引きこもりのくせに、退屈ってなんだ。そもそも私って引きこもりなのか?
体動かないんだけど。

朝起きるのは早かった。6時半とかにちゃんと起き出して、朝ごはん食べて、でも眠くなってもう一回寝た。気持ちいいくらい瞼が自然と重くなって、うつ伏せで惰眠を貪った。


特に今日は、なんとなく朝は元気だったのに急に力が抜けたような。なんで?と思ったら、母が高齢者大学へ出かけたのを思い出した。私が突然気力をなくすのは、母が自分のやりたいことを優先させたとき?父も頼りにならず、私も父も母の操り人形みたいなもんなんじゃないかと思った。

こんな家で、家族関係で、高齢者大学、て、母はっきり言って家族見捨ててるよね?助け合うとかないよね?私はなんかうまく言えないのだけど、こんな体に力も入らない状態なのに気にかけもせず好きにしてる母が理解できない。何年も、ずっと、はじめから、だよね?

母嫌い。

お父さんも私も放置された子供みたい。

母は私が料理を作り始めると途端に自分も負けじとつくりはじめる。自分が一番じゃないと気が済まない。いつもは私らなんてほったらかしで買ってきたものばかりなくせに。

いい加減にしてほしい。

自分が好きなことしたいから私にも大学いくならお金を出す、といい、実際には私が何をやりたいかは一切興味がないんだよね。共犯になってほしいだけ。

「あんたと私は利害関係や」

母に言われた言葉

動けないのをなんとか前に進もうとして学校を調べたりして、考えて結局決められなかったとき

「しょぼい」

もっと色々言われたけど、言葉でこんなに傷つくとは知らなかった。出来ないと言ってるのに能力がある、と聞きもせず、できないとしょぼい、と言っておとす。

お父さんが元気なくても私が元気なくても関係ない、人なんて踏み台くらいにしか思ってないんじゃないのかな。

出ていきたいわ。

なのに体が重い。

頑張って外に出るぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 涙の海 | トップ | 手紙 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL