barayuka雑記

人生に迷う人。心の整理、ひとりごとなど。

人と話したい

2017-11-16 23:31:52 | 日記
音楽を聴いている。クラシックの、はじめは暗い曲から聴いてて、今はトランペットのセルゲイ・ナカリャコフの古いCDのうちバロックを聴いている。明るい曲。


暗い気持ちになるとキリがなくて、だけどどっちにしろ、少し明るい曲をきいてみても、人と話したい、と思った。


デイケアでのことを思い出した。


話しかけない性格じゃなかった。話しかけても反応がなかったり、あんまり自分が思ったような反応じゃないことに戸惑ったり、何故か嫌うかのような態度をとる人?がいても、理由がわからないのが辛かった。


隠されてしまえば弁解をすることも許されない。コミュニティというのは自分は経験したことがない感覚だったのかもしれなくて、そういうことが自然にできる人と自分には雲泥の差があって、でも私も人と話したかったし、合わない、と言われたかったわけじゃない。そういう人、と決められるには早すぎる気がして。


敵視されるのも嫌われるのも、辛かった。もともと傷ついてそこに入ったのだから、余計に。


競争してる、と決めつけられるのも、ニヤニヤ笑われるのも。


さびしい。
コメント

鋭い憎しみ

2017-11-16 21:03:32 | 日記
なぜ男性は罪を隠したがるのだろう。


心無い行動や言葉でどんなに酷く傷つくか、それで長い間、人生を奪われ続けて、それでもそれを隠してしまおうとする。なんで許されるんだろう。

コメント

音に溶け込む

2017-11-16 14:26:55 | 日記
子供の頃、姉とずっと同室だったので、自分のスペースみたいなのがあんまりなかった。


姉にあわせて生活するのが当たり前で、そんな自分にも少しだけ隙間があったなと思い出すのがヒーリングミュージックだった。


流行りの音楽なんて全然きかなかった。
たまたま買った、波の音だけが延々と入ってるCDは今でもとても気に入ってる。あとはアディエマス、あとは祖母の家に遊びに行った時に聴かせてもらってCDをもらったことが発端でクラシック。
でもやっぱりヒーリングミュージックみたいなのが一番好きだったな、とか。


音と一体化してひたすら音に溶け込むような聴き方をしていて、本当はそれを同室の姉と共有したかったのだけど、姉はあんまり興味がなさそうでいつも寂しいなと思ってた。姉は流行りの音楽をカセットに入れて聴いてたけど、いつ姉がそんな情報を仕入れてそんな音楽を聴いているのか、全く謎だった。


私は気持ちを人と共有するのが苦手で、言葉にも出来ないようなこともとても多いのだと思う。
言葉にしなくていいのは、自分を必要以上に抉ったりしなくて済むということだと思うのだ。


明るい曲も元気な曲も、力強い曲も好きだけど


お風呂場で延々歌詞のない暗い曲をきいてるのが今の自分にはあってるのかもしれない。
コメント

時間薬

2017-11-16 13:50:53 | 日記
時間薬と言えるほど時間なんてあるんだろうか


最近始めたかぎ針編みが言葉にもならないどうしようもない思いを


編み込んでいくことで時を形にする


そういう癒しの意味があるのかと少し思った

コメント

1116

2017-11-16 13:46:27 | 日記
ひとことも話したくない


一晩の慰めでも求めようか


なんのための理性なのかわからないから


遠くへ行きたいとか


コメント