barayuka雑記

人生に迷う人。心の整理、ひとりごとなど。

ヒールの靴

2017-11-13 16:53:20 | 日記
身長が高めだけど、ヒールの靴が好きだった。ヒールの細いやつじゃなくて、もう少しガシッとしたやつで、高さは7センチくらい。

最近はヒールがそんな高くなくて細めのやつばかりしか売ってないのかなと思ってて、そういうのを履いてても自分は似合わない気がしていた。

現代の女の子の華奢で女性らしかったり、そういう感じは、私はやはり違う気がする。

仕方なしにペタンコに近いのを履いてたけど、もともと足のサイズも大きいから、ボロってきたら履く靴に困ってしまう。

それで、昨日母が買い物するとき一緒に探した。

色々見てもピンとこなくて、私はどんな靴が履きたいのだろうと途中で考えた。

サイズがあっても、自分は何がしたいのだろう、どんなのが欲しいんだろう、と。

久しぶりに足を通した太いヒールの靴。姿勢が良くなって、普段使わない筋肉を動かす感覚が懐かしいなと思った。少しつよがりな感じが、私は好きで、この太いヒールの靴が好きなんだと思った。
コメント

待つ練習

2017-11-13 16:33:11 | 日記
苦しい気持ちを誰かに聞いて欲しくて、その相手が見つからなくて、かつてのその場所を見上げてみる。

気ばかり焦って、待つことが苦手になってしまった。待つことは、自分のため。ルールを守ることも、ひといきつくことも。

待つ練習。

コメント

閉じ込めてきた気持ち

2017-11-13 09:36:25 | 日記
朝起こされることが嫌いだったのは昔から。
「なんのために?」と思ってた。
お母さんの自己満足のため。家族のために何かしてますよという証拠のため。いつもイライラした。私のことなんか見てないくせに、人の気持ちを知ろうともしないくせに、無神経にはいってくる声。


たとえば起こされた時、しんどくても、しんどいという隙を与えてもらえない。言いかけても耳に届いてない。起きたか起きてないかの結果だけてね判断されて、私は起こしたけどこの人は起きなかった。とされてる気がする。全て自分のペース。自分中心。どこかに出かける時も前もって言われはするけど、「私は言いましたよ」という証拠だけのこされてる気がして、だからなんなの?出かけるからなんなの?自分が好き勝手したいことの許可を、こいつからなら簡単に得られるから言っていくの?って。相手の気持ちは気にしない。好きに生きるために自分の娘を踏み台にして、利用してるだけ。


私も今は気持ちが溢れて抑えてたものがすぐに出てしまうから、わがままみたいに色々不満を言ってしまう。違和感を感じててもずっと黙ってきたこと、黙って我慢しつつ言うことをきいてきたこと、なんで?と理由を問い詰めたり、ひとつひとつの言動に不満を言ってしまう。やってて気分が良いこととは言えないし、それで幸せになるかといえばそんなこともない。言い始めてしまったら後には引けない感じ。どこかにそういう自分を責める自分もいるから苦しい。


規則正しい生活、それがそんなに大事?言われないとできないと毎日その確認をされてるみたいで、チェックされて管理されてるみたいで、だから嫌。なんのために?やることがあっていくところがあって会いたい人がいて、それがあって生活があるのではないの?そこに規則正しさや美しさがある生まれるのではないの?私がまだ、そんなところで止まってるというならそれは私が悪いのかもしれないけど、そこから得たいもののために行動して、自分のために結果を出して、次のステージに行けなかったのは私のせいかもしれないけど。頼んでもないのに毎日勝手に人生に侵入してくるなら、せめて、「なんのために?」を教えてほしい。昔からずっと、形だけで心が入ってない挨拶をされ続けて、私はずっと嫌だった。


形から入って心を学ぶ、ということを少し前に行った禅の修行で教わった。とても深い言葉だと思った。私はいつも気持ちだけで、相手に対する敬意として相手のことを知ろうとしてそれに相応しい自分を整えていくということをちゃんとしなかった。そのことを、自分がどこかで引け目に感じたから、自分自身の行動が結局自分の足を引っ張った。それは失敗経験として自分の中にあるから、準備することが大事だと思ってる。でも結局、少しずつじゃないといっぺんにはできなくて。そのために、生活リズムを、と自分が思うならそれは自分の動機だ。誰かに押し付けられてやることとは違う。


コメント