昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

11月28日 着物リメイク

2016年11月28日 | 日めくり雑記
作品展を訪ねていただいたお客様の声で多かったのは
着物をリメイクした作品に関してでした。

会場に並んだお洋服を見ながら、
たとう紙に包まれてタンスの中に眠ったままの着物たちを
思い出されたに違いありません。

数万、数十万もしたであろう絹の着物の数々、
捨てるわけにもいかず、かといって着る機会もめったにありません。
バッグなどの小物に使っても、端切れで十分、
お洋服にリメイクできれば最高です。

布をほどいて洗い、アイロンをかけ、
あとは洋服生地と同じ扱いになります。
生地の幅が細いので、プリンセスラインで仕立てたり
接ぎ数の多いスカートにすれば
お洋服を作るのと同じなのです。

縫い直しを前提に作られた着物は
ミシン縫いと違い、縫い目が粗くてほどきやすく
やってみると意外と簡単なことがわかります。
縫うのはもちろん手縫いでもいいのです。
どんな作品に仕立てるのかは、
生地や模様で考えればいいことです。

着物の思い出に浸りながらのリメイク作業は
昔乙女ならではの特権です。
生地代がいらないのもうれしい。

教室はテルサ文化教養教室、ハタケヤマ手芸店
津田公民館と、曜日と日時を変えて6教室あります。
入学金などはありません。
授業料は参加したとき分のみ、その日に支払います。
わいわいがやがや、いっしょに縫いませんか?


「恋が着せ、愛が脱がせる」

こんなすてきなコピーがあったことを
裁縫しながら思い出します。
乙女のころ着た着物のリメイク
今、ゆっくリズムで縫うのもいいものです。
コメント

作品展最終日

2016年11月27日 | 作品展
11月27日最終日、午後4時から予定する搬出作業のため、
会場がにぎやかになってきました。


6教室、普段は顔を合わせることのない昔乙女たちも
作品の話、世間話、TV放映の話題等で話がはずみます。

昨日の土曜日にはNHKの取材がありました。

午前中に作品や会場の様子を撮影
TANAKA師匠へのインタビューがあり、
な・な・なんと、お昼のTVニュースで流れたのです。
師匠のコメントと共に、ドレスの映像はもちろん、
公民館で洋裁を学ぶ昔乙女たちのすてきな作品群も
ばっちり紹介していただきました。


インパクトは抜群、
最終2日間のお客様が
ぐ~んと増えたのは言うまでもありません。

芳名録を追加、
用意したパンフレットは足りなくなるという
うれしい計算違いもありました。

盛会のうちに最終日を迎えることができましたこと、
厚くお礼を申し上げます。
ありがとうございました。


会場を飾った講師作品です


**********

平成28年度田中洋裁教室作品展をご覧になるには

コチラへどうぞ

コメント

教室風景#50(2016.11.24)

2016年11月24日 | 教室風景
東京は雪が降ったのだそうです。
松江も朝から寒い一日になりました。

11月最後の教室日です。


作品展の会期中ということもあり、
昔乙女の数は少なめ・・・6人です。
それにしてはにぎやかです。

机が広く使えるので、和物初心者ヨウさんは、
長机2つ陣取り、模様合わせするのだと反物を広げています。
寒い季節に着れるように、コートと作務衣を縫うのだそうです。

TANAKA教室はどこでも着物リメイクする人が多いのですが
木曜午前のメンバーは、特にその達人がたくさん在籍します。
師匠が忙しくて手が空かなくても
達人乙女に聞けばたいていのことは疑問は解決するのです。

反物の幅は40センチ弱しかありません。
作務衣のような普段着を縫うには、
脇線や接ぎ位置をルーズに、先に布を2枚横に接いで
大きくしてから型紙を当てるのだそうです。
教室にくると達人先輩がたくさんいてうれしい。

トコ姐の着物リメイク

前後身頃の幅の不足を黒い布でアクセントに。
たくさん並ぶ大きなボタンもかわいい。
それにしても、トコ姐は
いったいいくつお洋服を作るつもりなのでしょう・・・
番号を付けて洋服管理台帳とかが要りそうです。


**********

平成28年度田中洋裁教室作品展をご覧になるには

コチラへどうぞ



コメント

TV取材していただきました

2016年11月23日 | 作品展
勤労感謝の今日
マーブルTVさんの取材がありました。

TANAKA師匠がインタビューを受けます

TVカメラって大きいですね。
作品をいっぱい撮影していただきました。


その様子は、夕方6時から放送予定と伺い、みんなに拡散です。
教室の電話連絡網が大活躍しました。

今日の山陰中央新報には会場の様子の写真といっしょに記事も掲載され、
会場にもたくさんのお客様に来ていただき、うれしい一日になりました。

放映は少しの時間と聞いていたのに
全作品を映して紹介していただいたようです。
マーブルさん、ありがとうございました。
コメント

平成28年度作品展が始まりました

2016年11月19日 | 作品展


作品展が始まりました。


午前中は搬入作業、
会場には朝早くからTANAKA師匠や生徒たちが集まりました。


昨日のお天気はどこに行ったのか、雨のお天気でしたが
「私が行くところは晴れるのよ」とカズ子さんの言葉通り
お昼前には雨も上がりました。


世界にひとつだけのお洋服たちを見ていただくために
一生懸命作りました。


50余点を展示しています。
たくさんの方たちに見ていただけますように・・・

ホームページ「平成28年度田中洋裁教室作品展」では
作品写真に製作者のコメントを添えてご紹介しています。
ぜひご覧くださいませ。


コメント

教室風景#48.49(2016.11.10)

2016年11月11日 | 教室風景
松江駅周辺の樹々は美しい秋色です。


時計台のそばで、立ち止まってカメラを向けていたら、
素敵な紳士に遠慮がちに声をかけられました。
「あのう・・・糸くずがついてますよ」
黒いスカートに白い糸くずは確かに目立ちます。

今日も作品展パンフレット用の写真撮影、
早めに出かけたつもりなのに教室の準備はすっかり整い、
皆さん作品をもって待機中です。

茶・紺などの黒い布の作品は、地下室にある教室内ではうまくいかず、
建物の外に出て撮影しました。
時折風もあって、トルソーを抱きかかえたりの写真撮影は
往来では目立ちましたが、そこは何事にも動じない昔乙女たち、
予定していた撮影を無事完了させました。
最後の予定でしたが、間に合わない人もいて
来週火曜日にもう一日撮影日を追加することになりました。
あと一息。

展示作品の完成を急ぐ人、新しい作品を始めた人、
出来上がった作品の話題あれこれで、教室はにぎやかです。

アイロン片手に「あ~~っ」とケイ子さんの声。
熱すぎたのでしょう、薄い生地に穴があいています。
すぐにTANAKA師匠が呆然とした表情のケイ子さんの傍に。
解決方法の素早い指示をする師匠の姿は、魔法使いのようです。
きれいに直りますように・・・・

相変わらず仕事が早いトコ姐はフード付きのお洋服。
トルソーの空き間に着せかけてもらい、パチリ。


ループで作るボタンホール、
ループの縫い目がどうしても内側にならず苦戦していたチエコさん、
これにも師匠が魔法をかけました。
縫い目を内側にして紐をくるっと曲げ、
ファッションライナー(折り目加工液)をふりかけ、
それからアイロン。
  ⇒ 
はいできました!
コメント