昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

教室風景 #33(2016.06.30)

2016年06月30日 | 教室風景
雨に似合う白い花の季節が終わり、6月も今日で最後
1年の月日の半分が過ぎてしまいました。
降るような降らないような梅雨空の毎日が続きます。


前回に続いて教室は満員です
質問をいっぱい抱えた乙女たちからの呼び声でTANAKA師匠は大忙し。


「整理券いるんじゃない?」
ノリコさんの冗談に、自称事務局員のヨウさん、
番号を書いた小さな札を作り始めました。
わっ、ほんとうに整理券を配り始めました。

にぎやかな笑い声の中で、机の上に番号札を置いてお裁縫です。
「ごめんなさい・・・午後はすいてるんだけどねぇ」と師匠。
1時間も過ぎたころには整理券はいらなくなりましたが
お祭りみたいで、待つのもまた楽しからずやの教室風景でした。

キタノさんは可愛い布のエプロンドレス制作中です。
いくつか作ってプレゼントしたら喜ばれそう。

今日のピカイチは、何といってもタミエさんのお洋服。

薄紫のきれいな色のブラウス、ドレープの襟が素敵です。
生地の模様もドレープに合わせて波打っています。
ブローチとネックレスがよく似合った姿をパチリ
自分でこんなお洋服が作れるなんて、裁縫乙女万歳!

コメント

教室風景 #32(2016.06.21)

2016年06月21日 | 教室風景
明け方に降った雨は教室が開く頃にはやみました。
今日も蒸し暑いお天気です。




何か月ぶりでしょう。
今日はヤス子さんの姿もあります。
絹の布を手にTANAKA師匠にデザインの相談の様子
何ができるのでしょう。

ケイコさん、パンツが完成しました。


カズ子さんのワンピースも完成です。
端切れのスカーフを巻いたら、いい感じですね。

ちょっと気取ってとびっきりの笑顔で撮影しました。


「あなたは若いわよオ」(えっ、若い?)
つづいて、「ここではね」の声。
今日もにぎやかな笑い声が教室に響きます。
裁縫乙女たち、気持ちだけはみんな若いのです。


師匠のレッスンが始まりました。
今日は「地の目通し」
生地に横に切り目を入れて繊維を一本引っ張り
引き抜いた後にできた線に沿ってはさみを入れるのです。
縦横のゆがんだ生地を補正するためです。
 
こうすることで仕上がった後に布がズレることがありません。
水通しと同様、裁断前の大切な作業なのです。
みんな真剣な表情で師匠の手元を見て勉強しました。
コメント

教室風景 #31(2016.06.16)

2016年06月17日 | 教室風景
テルサ北側入り口の囲みです。

白い花はクチナシでしょうか。

クチナシの白い花 お前のような 花だった🎵

昔覚えた歌、
なぜかこのフレーズだけが思い浮かびながら教室に向かいました。

まだ教室は始まる前だというのに、
ドア越しににぎやかな声が廊下に響き渡っています。


昔乙女の総勢11人・・・
テーブルがいっぱいなので、フミ子さんは床で型紙作りです(以前は廊下でした)


前回まで手にしていた作品はほぼ完成してあとはボタンをつけるだけです。
今日の第1号の写真を撮らせていただきました。

フミ子さんは超ベテランさんの一人で、
難しい襟や前立てのステッチのきれいな縫い方は、
新人さんたちにはとてもよいお手本になります。


トコ姐の軽い夏ケープ

前の黒いコサージュはトコ姐のお手製、
教室の外ではコサージュ教室の指導者なのです。

カズコさん、なにやらご機嫌です。
「ワンピースを裁断した端切れ、スカーフにいいでしょ?」

数本の縦じま模様がジグザグに刻まれて、
襟に巻いてみたら、いい味が出ました。
布端の始末がいらないポリエステルならではの思いがけない発見です。

前回#30でご紹介したTANAKA師匠のお洋服、
共布ループで作ったチャイナボタンをつけて再登場です。


みんなで紐を使ってボタンを組む練習をしましたが
なかなかうまくできず、宿題になりました。
作りたくなった時に再挑戦ということで・・・

チャイナボタンを使った師匠の別作品です。


なんと!大風呂敷一枚がこのお洋服に化けたのだそうです。
風呂敷の周囲の緑色の部分を切り取ってボタンにしてあります。

カズコさんの切れ端スカーフといい、
今日は手品のような作品展になりました。

にぎやかすぎる教室、隣の文化部屋の人たちごめんなさい。
(昔は全員クチナシの花のようだったのですが)


コメント

6月12日 未完成服の始末

2016年06月12日 | 日めくり雑記
今にも雨が降りそうなお天気の日曜日です。
昔乙女には休日はあまり関係がないのですが、
それでも周りにあわせてゆっくりと過ごします。

押入れの中に押し込んでなるべく見ないようにしていた
縫いかけの生地を入れた段ボール箱を引っ張り出してみました。
あるある・・・

完成の出来が良くないと想像されるもの
難しくて途中で投げ出したもの
なんとなく他の生地に目移りして手にしなくなったもの
理由はいろいろですが、かわいそうな未完成服たちです。

あと一息で完成というところまで縫ってあるのですから
モチを高めればできるはず、
パンドラハウスからセールの案内が届いていますが
がまんをして、これをいくつか完成させることにしました。
少なくとも、最初に縫っていたころよりも
多少は腕が上がっているはずと、根拠なく自分を信じて。

まずはほぼ完成していたワイドパンツ、
モノトーンといえど、かなり大胆な縞模様で
完成させても着ないだろうと思っていた洋服です。
裾にゴムを入れてみました。

モンペになりましたが、
涼しいし、裾を引っ張り上げたらお風呂の掃除に便利。
薄い裏地で作った専用のステテコ着用で透けません。
お~、模様のおかげで脚も長くみえそうだし
思ったよりいい感じです。
いっちょう上がり


教室では、着物リメイクが盛んです。
半世紀前には、娘三人持つと家が傾くといわれた土地柄、
近年着物を着る機会が少なくなり、
着物をいっぱい詰め込んだ箪笥にそのまま眠っていた着物が、
昔乙女たちの手で素敵なお洋服に生まれ変わります。

着物リメイクではありませんが先輩たちの真似をしてみたくて
パッチワーク風の絣模様の綿生地を見つけて買ったものの
何にしていいかわからなかった生地を思い切って・・・

衿の見返しカーブに切り込みを入れ、
以前教室で習った補助バイアスを挟んでロックをかけたところ
きれいな衿のラインに仕上がりました。

再挑戦もなかなか良いものです。
だって、お店で生地を買った時は
まちがいなくお気に入りだったのですから。

・・・まだ何着か残ってるので、頑張ります(?)



コメント

教室風景 #30(2016.06.07)

2016年06月07日 | 教室風景
梅雨入りが近いのでしょうか、少しムシムシする一日でした。
今日も待ちかねたように裁縫乙女たちが集まって始まりました。



みなさん一段落したのか、今日は新しい作品の製図組が多いようです。
最近ちょっと体調が悪かったクニエさんの姿もあってうれしい。
ヨウ子さんは、バイアステープに格闘中、
海さんは、お気に入りの既製服をもとに型紙起こしです。
TANAKA師匠もあちこちから「お願いしま~す」の声があり、大忙しです。

クニエさんの裁縫箱の中に師匠の写真が・・・
以前このブログの中にあった写真の一枚です。
見つけた師匠はびっくり、みんな師匠が大好きなのです。

「チャイナドレス作ってきたのよ」
忙しい師匠のどこににそんな時間があったのでしょう。
今日から仲間になった新人トルソーに着せて早速披露です。

チャイナ服ならボタンはもちろん・・・

・・・
ループで作る飾りボタンを指導のはずが材料が間に合わず
生徒たちも製図やバイアス作りにに夢中で、
時間切れになってしまいました。
師匠、ごめんなさい。
続きは次回にお願いします。

そうそう、今日からトルソーが仲間になりました。
ハンガーにかけて取っていた写真も
これからは彼女の試着で撮影できますので
作品が映えることでしょう。
ブティックにあるような、細身で胸ツンのスタイル、
このトルソーに、どなたか可愛い名前を付けていただけないかしら?


コメント

6月6日 ギャザー襟の量産

2016年06月06日 | 日めくり雑記
次の教室日までの間、習ったことを忘れないようにと
メモを頼りに復習です。
(最近、ますます物覚えが悪くなって困ったものです)

1)くるみボタン
初めて反物でチュニックが2枚できたので、
ちょこっと模様の違う部分を切り取って、2種類のくるみボタンを作ってみました。

生地は琉球絣という初めて手にするものですが、
水通しした後も張りがあり、麻のような涼しい感触です。
このボタンをつけたら、さっそく着てみることにしましょう


2)さて、前回の教室でギャザー襟を習ったので、スタンドカラーのシャツ、
仮縫いではなく、せっかくなら着用できるものを、と
縫いやすい綿生地を使って同じ型紙で3着製作です。

1枚目


手芸店の店先のワゴンの中で
数百円の値札が付いていた1mのカットクロス、
丈は短いのですが余すことなく布を使い、
なんだかたのしい作品に仕上がりました。
下手な縫い目が目立たないのがうれしい。
これを着たら、夏休みのゲームセンターにも紛れ込めそう。
全部色が違う木の星形ボタンをつけたら生地の模様に溶け込んでしまい
どこについているのかわからなくなってしまいました。

2枚目


オーソドックスに、丈を普通サイズにしました。
押入れに眠っていた布とはいえ、地味すぎるような気もします。
スタンドカラーの前の重ね部分、
カーブがなかなかきれいに縫えるようになりません。
手縫いで返し縫いを併用したりしていますが、早く上達したいものです。

3枚目


タックのある袖を付けてみました。
シャツというよりもブラウスみたいです。
(そういえば、シャツとブラウスの違いは何で決まるのでしょうね)
水玉模様、近頃はドット模様というのだそうですが、
ドビー綿の生地にはレースの地模様もあって、
期せずしておしゃれな感じにできあがりました。


3)最後は、子供服を作ったニットの残り布利用です。

何着か続けて作るとロックミシンの糸の交換が億劫です。
グレイで白黒も賄おうかと横着なことを考えたりします。
この黒いニットはギャザー襟2枚目を作ったあと、
糸の交換が面倒でついでに縫ったというおまけ作品です。
きれいなAラインのデザインに魅せられて作りましたが
1枚目シャツと同じく、昔乙女には少々派手なお洋服になりました。
いつ着れる日が来るのか、ちょっと見当が付きません。

量産している間に、わからないことがいくつか出てきました。
明日の教室で質問予定です。
あ、質問をメモしておかなきゃ・・・
じきに忘れてしまうものですから、ほんとうに困ったものだこと。

今日は見苦しい作品にお付き合いいただいてありがとうございました。
明日は教室日、できるだけ早めに教室風景を記事にして
トップページの交代をしたいと考えています。





コメント

教室風景 #29(2016.05.31)

2016年06月02日 | 教室風景
遅くなりましたが、今日は火曜日の午後の教室風景です。
ベテランさんたちが多く、作品も凝ったデザインで
仮縫いの様子なども、見ているだけで勉強になります。

裁縫の合間に飛び交う昔乙女たちの話題は
どの教室でも病気や家族の介護の話が多いのですが
今日は探し物の話ではずみました。
一日のうち、探し物をしてる時間がだんだん多くなってきたり
さらに、今自分が何を探していたのか、
ふとわからなくなってしまうことがあったり・・・
皆おぼえのある話題が登場します。
わかるわかる・・・、
最後はアハハって笑い飛ばして楽しい時を過ごします。

今日は製図をする人が多くて、
ご紹介できる作品は、マリ子さんのお洋服一点です。

なんてきれいな色、ナイロンが混じった麻なのだそうです。
写真ではわかりにくいのですが、袖の白い布はメッシュです。
このボタンがつくと完成します。


もう6月ですね。
おしゃれをして雨の季節を迎えましょう。







コメント