昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

教室風景 #26(2016.04.28)

2016年04月28日 | 教室風景
雨の朝
街路樹も輝いています。


4月最後の木曜日の教室が始まりました。

今日は久しぶりにエミちゃんのうれしい姿もあります。


この作品は、チアキさんの初めての作品
前回、確か原型型紙を作っていた新人さんのはず。
もう今日は、襟のステッチを縫って一気に完成予定。
グレーのジャンバースカート、重宝しそうです。
「裁縫なんて」って思っていたのが
TANAKA師匠に出会った途端ハマり込んでしまったのだそう。
(わかる、わかる・・・)


「芯貼りをする布は大きめに切っておき、
芯を貼ってから印付けをして裁断しましょう!」


師匠の声が響きました。
タイミングよくエミちゃんがその作業中だったので、
早速撮影させていただきました。
・・見返しなど、確かに芯を貼ると生地は縮むことが多いです。

カメラを向けた隣に素敵な小物を見つけました。
着物帯に透明のビニールを組み合わせ、
バイアステープで縁の始末がしてあります。
エミちゃんお手製の道具入れです。

これなら収納してある裁縫道具もよく見えます。
裁縫乙女たちのツールは本当に工夫がいっぱいで勉強になります。
師匠のアドバイス、芯貼りの順序のことなどすっかり忘れて、
みんなが見入ってしまいました。


トコ姐、寒い季節が終わってしまいましたが
ウールの単衣仕立てのコートが完成近くなりました。
あとちょっとです。袖と裾の始末が終わったら、
次の北風が吹く季節までクローゼットの中でお休みしててね。



今日は5月3日から始まるGWのイベント「テワルサウイーク」で
展示販売する作品が持ち込まれてきました。
他の曜日教室の昔乙女たちが風呂敷包みを抱えて次々にやってきます。
レース飾りがおしゃれな、ノリ子さんのエプロンドレスも完成したようです。

師匠の試着でお披露目です。
どんな方が買ってくださるのでしょうね。

開いている入口ドアの外で、見知らぬ昔乙女が中の様子を伺ってる?
何か?とお尋ねしたところ、通りかかりの方。
「あんまり楽しそうで・・・何を持ってきて縫ってもいいのですか?」

もちろんです!お待ちしています。







コメント

教室風景 #25(2016.04.19)

2016年04月19日 | 教室風景
ときどき風を冷たく感じる日もありますが、季節はすっかり春になりました。
今日の教室は熱気にあふれています。
それもそのはず、新しい昔乙女たちが一気に4人、
テルサ事務局にお願いして椅子を追加していただきました。



「(知らない人達が多くて)教室間違えたのかと思った・・」
着物リメイクの作業着で入ってきたいつも陽気なヨウ子さん

クニエさんもきれいな模様の羽織をリメイクした上着姿で登場です。

女優さんのような素敵な昔乙女が・・・
華やかなブラウスの模様が透けて見えるドレスです。
網目生地のこんな使い方があるのですね。
カズ子さんのお洋服、とても勉強になりました。

さあ、新しい乙女たちは早速原型の型紙作りや
心に暖めていた作品作りが始まりました。

チヨカさんのお洋服が仮縫いです
上は手触りバツグンの正絹の着物生地で
下はスカートのリメイクだそう

様子をじっと見ていた新人乙女、早速型紙を借りる約束ができました。

チヨカさんは手縫いの作品も素敵なのです。
パッチワークの巾着の中身はお針刺し

今日着ている上着も、見事な刺し子の刺繍がいっぱいでした(あ~~また写真撮り忘れた!)。

クニエさん、今日は手が早く進んだみたいで
絣模様の厚地の生地とソフトデニムのコラボで作ったパンツ、
帰る頃にはもうゴムを入れるだけの状態に仕上がっていました。
流石、ベテランの裁縫乙女です。

次回の教室日には完成品の着用を見せてもらえるとのこと。

紳士服地で作るジャンバースカート、
だいぶ出来てきたので、仮縫いで着ていただきました。
仕上がりが楽しみな作品です。


最後はTANAKA師匠のエプロンスカートです。

フレアの二枚布を縫い合わせたものを、
着方、紐の結び方を変えて
エプロンのようにあるいはスカートのように变化させます。
どんなふうになってるの?・・・と思わず触らせていただきました。


あっという間に楽しい時間が過ぎて、正午になりました。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント

教室風景 #24(2016.04.14)

2016年04月17日 | 教室風景
新緑の季節です
今朝は、ミシン職人さんが朝一番に
修理したミシンを持って教室に来てくださいました。


TANAKA師匠のミシンはこの職人さんに
長くお付き合いして頂いてるのだそうです。
昔乙女たちもしばらくミシンの話に花が咲きます。



幸子さんの生地、実はお家に長い間おいてあった紳士モノの生地なのだそうです。
虫さんがおいしく食べた跡も残っています。
ご家族が紳士服の仕立て職人さんだったとか。
お家での縫製は職業用ミシン・・羨ましいですね。



師匠のまわりに乙女たちが集合しました。
カズ子さんのお洋服を飾る共布ループの指導です。
襟に可愛らしいボタンホールが出来上がりました。


トコ姐、今日は洋服の生地です。
ん、コート?
仕上げを急がなくっちゃ。


しばらく前から通園グッズや子供服専科だったヨウさん

可愛らしいのが何着も出来上がったようです。
ニット生地のシャツ、縫いにくかったでしょう?

午前中の教室を終わってテルサのロビーに出たらちょうど正午。


久しぶりにからくり時計さんの楽団に出会いました。


大きな地震にみまわれた熊本、大分の人たち
どんなにか恐ろしい思いをされていることでしょう。
一日も早く日常に戻れることをお祈りします。


コメント

4月8日

2016年04月08日 | 日めくり雑記
昨日の春の嵐で、花は風に舞い、あっという間にどこかに消えていきました。
新緑の季節が始まります。


◆教室日変更のお知らせ◆

最初に5月の教室日変更のお知らせです
木曜日は一回だけです。

5月12日(木) → 5月26日(木)



◆第7回テワルサウイーク◆

以前お知らせしていたゴールデンウイーク中の「テワルサウイーク」
今年のパンフレットが届きましたのでご紹介します。




内容は、ハタケヤマさんのHPの画面をそのままお借りすることにしました。
(無断借用、ごめんなさい)



◆TANAKA師匠のワンポイントレッスン◆

前回火曜日の教室記事に書けなかった
TANAKA師匠のワンポイントレッスン、ふたつをご紹介します。

ひとつめ

ダーツのミシン縫いは、返し縫いは不可。
端糸を5センチ位残し、2本をいっしょに結んでカット!
これでかず子さんのお洋服、仕上がりはとても綺麗に。

~~直接ミシンで縫いながら説明される師匠、
  その教えに傾倒することはもちろんですが・・・
  
  昔乙女たちは、加齢によって指先の感覚が鈍くなり
  細かい作業が不自由になったり
  掴んだものを落としやすくなったりするのに、
  長い年月この道のトップランナーだった師匠の手指は
  全くそれを感じさせません。
  そして、細かい作業をしながら動く手指の形はとても美しく
  流石プロといつもながら感動です。 
  (写真撮り忘れて残念・・・)


ふたつめ



上級テクニックのきりびつけ・・・
さらにスキルアップするには、
裁ちばさみを「重し」に使いながら作業を。

実際に作業をしてみて、その意味が理解できました。
小さな糸切りバサミでの作業とは大違いです。
コメント

教室風景 #022 #023(2016.04.05)

2016年04月06日 | 教室風景
およそ一ヶ月ぶりの教室風景になってしまいました。
アクセスいただいた皆様、ごめんなさい。
その間にも、外の景色はすっかり春の装いです。



さあ、火曜日の教室風景をご紹介しましょう。
最初は午前の教室、
いつものように話が弾みます。



幸子さん、ニットのお洋服が完成、早速披露していただきました。

裁断中には、確か「この生地やめたい」と耳にしたような・・・
やさしい手触りの生地で、よくお似合いのチュニックに仕上がりました。
やめるのを止めてよかったですね。
次の作品はモノトーンのリバーシブルニット生地を前に、
ジャンバースカートを作るのだとおっしゃっています。


午後の教室もご紹介しましょう。
見学のお客様たちへの師匠の説明が終わり、
いつもの教室風景になりました。



素敵なお洋服のユキエさんを見つけました!
ジャケットのような作務衣のような不思議なデザインの上着です。
裁縫や家事をするのに快適そう・・・
前止めにブローチを使い、おしゃれです。
仕上がったばかりのワンピースも見せていただきました。

総絞りの羽織からのリメイク、春らしい素敵な色です。
袖の長さもこれからの季節にちょうど良さそう。

マリコさんは超手間のかかりそうなタックの多いチュニックに挑戦中。

右にある型紙でももちろんタックを取りながら。
このお洋服にはフリルの立ち襟がつく予定だそうです。
完成したらもういちど写真を撮らせてくださいね。

ちえ子さんの春のコートです

途中でデザインを変更したので大変だったとのこと。
でも、やさしい衿になって、よく似合いそう
着物生地です。

最後はうららさんの2枚。

これからの季節に何枚あっても重宝しそうです。
うららさんの得意な裾の切り替え、
目立ちにくいのですが、しっかり入っています。



今日は欲張って、午前午後の両教室の作品をご紹介しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。

TANAKA師匠のワンポイント指導も書きたいのですが
別の日にあらためてアップすることに致します。
またご訪問くださいませ。







コメント