昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

教室風景#021(2016.03.10)

2016年03月10日 | 教室風景
最高気温が20度以上もある暖かな日が続いていたのに
今日は真冬に戻ったかのような寒い日です。

昔乙女たちの楽しそうな声が廊下に流れてきます。
1月2月は、皆がいっせいに型紙作りの作業でしたが、
今日は新しい布がテーブルいっぱい並べられています。
どんなお洋服ができるのか楽しみです。




あれっ?フミコさん・・・



教室入り口の廊下にクラフト紙を広げての型紙作り、
確かに、廊下のほうが作業がやりやすい!
お掃除が行き届いていて、床はとてもきれいなのです。
それにしても、びっくりしました。


フミコさん、先日から既成品をお直ししていたジャケットが完成です。
ニットの黒い一重上着は、とても重宝しそうです。



トコ姐は高校生になったお孫さんの制服のお直し。
肩幅をぴったしサイズに調整中です。


こんな便利な昔乙女、一家に1人ほしいでしょ。

カバン作りはプロのノリ子さん、荷物が多くて今日は二つ持参。
同じ型紙で作った素材の違う素敵なバッグを見せていただきました。




朝からニット生地を前に手こずっていた幸子さん、
TANAKA師匠の指導でどうやらきれいに裁断できたようです。



外気温の上がらない寒い日でしたが、
教室の中はヒートアップする一方でした。

コメント

3月6日

2016年03月06日 | 日めくり雑記
ここ数日春を感じさせる暖かな日が続きます。
新しい夢に向かって胸を膨らませたり、涙を流したりする季節です。



昔乙女たちも半世紀前にはたくさんの夢を見ました。
今ですか?
ええ、小さな夢だけど、今もたくさんの夢をみますよ。
コメント

教室風景#020(2016.03.01)

2016年03月01日 | 教室風景
うるう年の一日長い2月が終わり、今日から3月。
なのに・・・春間近というわけには行きませんでした。


今朝の松江駅周辺の雪景色です。




TANAKA師匠の携帯が休みなく鳴っています。
雪道を運転するのが苦手な昔乙女たちから
次々に欠席の電話が入ります。


開始時刻を過ぎたのに静かな教室、
師匠はぽつんと寂しそうな・・・

午前中の教室は、歩きとバス組3人だけで始まりました。

ヨウ子さんの冬物のジャケット
鏡に写ったフードを見てください。



同じ型紙で春物ジャケットの製作開始です。
もちろんフードも付いています。



袖は写真のために仮付けしたもの
ちょっとかわいそうな製作中の姿なので
出来上がったら、もう一度写真アップさせてくださいね。


お昼は全員で、ヨウ子さんの手作りパンで昼食をいただきました。
帰りのテルサ玄関では、午後の部のたくさんの乙女たちとすれ違いました。
お天気も落ち着いたみたい、午後は賑やかな教室になったことでしょう。


春よ来い♪
は~やく来い♪

コメント