昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

教室風景#43(2016.09.29)

2016年09月29日 | 教室風景
木曜日午後の教室です。
前回同様に人数が多くてにぎやかになりました。



ジュンコさんは黒いスカート作成中?
そういえば、モノトーンのよく似あう裁縫乙女です。

11月の作品展の案内状も出来上がり、
そろそろ出品作品の制作が気になる頃です。
クニエさんは今日は風呂敷包を抱えて・・・
一番乗り!
でも、写真は11月までお預け。

サチコさん、完成です。
型紙に苦労したピンタックがとてもきれい。
実は後ろ身頃にも数本のピンタックが入っているのです。

衿付けは縫い代がゴロゴロしないように
バイアスで包んで始末、タブ止めのボタンもおしゃれ。
柔らかな肌触りの布のお洋服の周りに皆が集まり、
羨ましくて思わずため息です。


前回TANAKA師匠からバイアス断ちの指導を受けた
陽さんのお洋服も完成です。
レディブティック7月号掲載の作品を
少し袖を長くして秋バージョンにしました。



◆製図の留意点、師匠のワンポイントアドバイス◆

前後身ごろの肩の線と袖ぐりのラインは「直角に」。


忘れないよう、すぐにメモです。

そういえば、身頃の袖山が尖っていたのは
安易に袖のラインを引いていたからだったのですね。
小さな角度の違いが出来上がりを大きく左右する、
当たり前のことのようだけどよく考えずに製図していました。
う~ん、勉強になります。
教室に来てよかった!

どこからともなく金木犀が香ります。
9月も明日で終わり
時の流れの速さを思わずにはいられません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 9月25日 来年の日記帳 | トップ | 10月1日 指輪の話 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事