昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

教室風景#79(2017.11.28)

2017年11月28日 | 教室風景
久々に暖かくて良いお天気です。
午前の教室は、人数が少なかったので
皆がテーブルを広々と使いました。
TANAKA師匠もゆったり指導です。

今日の師匠の指導2点をご披露します。

1)布ベルトの端の縫い方

細長いベルトの端を縫うのには
最初に筒状に縫い、
片方の端に近い部分を縫い残して返し口にする。


図の青線の部分を縫わないでおきます。

返し口から端を引っ張り出して縫い
縫い終わったら調えてもとに戻し
返し口をまつって閉じる。

布ベルトでなくても細長い形状のものを縫うときは
他にも応用できそうです。

2)大きなサイズの裏付きジャンバースカートを細くする

袖ぐりの少し下あたりで
細いゴムを通せるように、
前身ごろは左右2か所、後ろは1箇所(少し長めに)
表裏布いっしょに、横に2本の縫い線を入れる。

縫い線の位置は、袖ぐりの脇下が
飛び出さない位置を確かめて決める

写真は位置決めの作業です
(前が終わって後見頃のラインを)



前はまっすぐに、後ろは1~1.5cmくらい
下がったカーブにして縫う。
(このカーブが、きれいに処理するポイント)

ゴムを通して両端を縫い止めする。

*裏付きの布をほどいたり切ったりせずに、
ゴムでギャザーを寄せて
サイズダウンする方法なのだそうです。


今日の作品紹介は
クニエさんの和服リメイクの上下



ベストとパンツ内側が同じ布です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 11月27日 古布で作った小物たち | トップ | 12月1日 縫い代の始末 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事