昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

教室風景 #022 #023(2016.04.05)

2016年04月06日 | 教室風景
およそ一ヶ月ぶりの教室風景になってしまいました。
アクセスいただいた皆様、ごめんなさい。
その間にも、外の景色はすっかり春の装いです。



さあ、火曜日の教室風景をご紹介しましょう。
最初は午前の教室、
いつものように話が弾みます。



幸子さん、ニットのお洋服が完成、早速披露していただきました。

裁断中には、確か「この生地やめたい」と耳にしたような・・・
やさしい手触りの生地で、よくお似合いのチュニックに仕上がりました。
やめるのを止めてよかったですね。
次の作品はモノトーンのリバーシブルニット生地を前に、
ジャンバースカートを作るのだとおっしゃっています。


午後の教室もご紹介しましょう。
見学のお客様たちへの師匠の説明が終わり、
いつもの教室風景になりました。



素敵なお洋服のユキエさんを見つけました!
ジャケットのような作務衣のような不思議なデザインの上着です。
裁縫や家事をするのに快適そう・・・
前止めにブローチを使い、おしゃれです。
仕上がったばかりのワンピースも見せていただきました。

総絞りの羽織からのリメイク、春らしい素敵な色です。
袖の長さもこれからの季節にちょうど良さそう。

マリコさんは超手間のかかりそうなタックの多いチュニックに挑戦中。

右にある型紙でももちろんタックを取りながら。
このお洋服にはフリルの立ち襟がつく予定だそうです。
完成したらもういちど写真を撮らせてくださいね。

ちえ子さんの春のコートです

途中でデザインを変更したので大変だったとのこと。
でも、やさしい衿になって、よく似合いそう
着物生地です。

最後はうららさんの2枚。

これからの季節に何枚あっても重宝しそうです。
うららさんの得意な裾の切り替え、
目立ちにくいのですが、しっかり入っています。



今日は欲張って、午前午後の両教室の作品をご紹介しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。

TANAKA師匠のワンポイント指導も書きたいのですが
別の日にあらためてアップすることに致します。
またご訪問くださいませ。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 教室風景#021(2016.03.10) | トップ | 4月8日 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室風景」カテゴリの最新記事