昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

7月17日 薄物戦記~2

2017年07月17日 | 日めくり雑記
前回作った紺のプルオーバー、
完成を喜んでいたけれど
イメージしていたよりも若干
襟の開きが広すぎるような・・・

TANAKA師匠だったら
きっとこうおっしゃるでしょう。
「型紙当ててみましたか?」

・・・あらら、


襟回りが、前後合わせて
型紙より3センチくらい広い・・・
型紙は、裁断が終わると
どっかに追いやってしまっています。

襟ぐりは伸びやすいので
布が、だわ~~んと伸びたのか?
それとも
縫い線が正しくなかったのか?

心当たりがあります。
おそらく縫い線を間違えたのです。

いつもの癖で、
縫い線の印付けを省略し、
縫い代の幅をミシンの目盛りでキープする
という方法で縫ったのです。
襟ぐりが狭くなる(被れない)ことを恐れ、
ついつい広く縫ってしまったのでしょう。
わずかのことが出来上がりを台無しにします。

第1号作品の反省を踏まえて縫った
第2号はこれです。



第1号と同じみたいだけど
ほんのちょっとだけ
襟の開き具合が違います。

1号と同じ型紙を使い、
裾の処理を、巻ロックから
直線縫いに変更しました。
2本針4本糸のロックで布端を始末し、
折り返して、直線ミシンで表側から
レジロンとウーリーで縫っています。
超薄い生地というわけではありませんので
現時点までのところは
つったりせずに縫えています。

欲を言えば、襟のステッチ、
こんな柔らかい布の時は
縫わないでそのままにしたいな、
って思います。

ところで、余った布はどうしましょう。
タンクトップ1枚分くらいあります。
綿麻は布草履の材料にできますが
ポリエステルの端切れは
捨てるのか残しておくべきか、
いつもながら悩ましい問題です。

~つづく~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 7月15日 薄物戦記~1 | トップ | 教室風景#68(2017.07.18) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。