昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

11月5日 苦手なファスナー付け

2017年11月05日 | 日めくり雑記

作品展に出品予定の
着物リメイクの朱色ロングワンピース、
三連休の間に仕上げてしまおうと思っていたのに
結局何もできずに3日間が終わりました。

背のコンシールファスナーを付ける作業に
ひるんでいるのです。
そのために、襟と裾の始末も
途中までで止まったままです。
作品展までに仕上げができるのか、
とても不安です。


一歩が踏み出せない・・・

「他の人たち大半ができるのだから」と
自分に言い聞かせて頑張ってみたことが
これまでに何回もあります。

中学生のころ、四段に積まれた跳び箱、
クラスのみんなは全員が飛べるのに、と
体育の時間が嫌でたまりませんでした。
「みんなできるのに」・・・

自動車学校での車の運転、
これも怖くて仕方なかったけど、
「みんなできるのだから」と
自分に言い聞かせて試験を受けました。
思い出すと、きりがありません。

ファスナー付け、普段もめったにやりません。
失敗するとせっかく縫い上げた作品が
台無しになるのが恐ろしくて、
どうしても避けてしまうのです。

みんなができるのに自分ができない・・・
「みんなができるのだから」と
なんども自分に言い聞かせるのに。

どうしても踏み出せない一歩、
卑屈になって、鬱々とするこのごろです。
コメント