昔乙女たちの裁縫教室

TANAKA師匠の教室に通う昔乙女の 教室レポートと裁縫日記

4月8日

2016年04月08日 | 日めくり雑記
昨日の春の嵐で、花は風に舞い、あっという間にどこかに消えていきました。
新緑の季節が始まります。


◆教室日変更のお知らせ◆

最初に5月の教室日変更のお知らせです
木曜日は一回だけです。

5月12日(木) → 5月26日(木)



◆第7回テワルサウイーク◆

以前お知らせしていたゴールデンウイーク中の「テワルサウイーク」
今年のパンフレットが届きましたのでご紹介します。




内容は、ハタケヤマさんのHPの画面をそのままお借りすることにしました。
(無断借用、ごめんなさい)



◆TANAKA師匠のワンポイントレッスン◆

前回火曜日の教室記事に書けなかった
TANAKA師匠のワンポイントレッスン、ふたつをご紹介します。

ひとつめ

ダーツのミシン縫いは、返し縫いは不可。
端糸を5センチ位残し、2本をいっしょに結んでカット!
これでかず子さんのお洋服、仕上がりはとても綺麗に。

~~直接ミシンで縫いながら説明される師匠、
  その教えに傾倒することはもちろんですが・・・
  
  昔乙女たちは、加齢によって指先の感覚が鈍くなり
  細かい作業が不自由になったり
  掴んだものを落としやすくなったりするのに、
  長い年月この道のトップランナーだった師匠の手指は
  全くそれを感じさせません。
  そして、細かい作業をしながら動く手指の形はとても美しく
  流石プロといつもながら感動です。 
  (写真撮り忘れて残念・・・)


ふたつめ



上級テクニックのきりびつけ・・・
さらにスキルアップするには、
裁ちばさみを「重し」に使いながら作業を。

実際に作業をしてみて、その意味が理解できました。
小さな糸切りバサミでの作業とは大違いです。
コメント