向井香僊(こうせん)の自由が丘ライフ

自由が丘駅から徒歩6分の所に書道教室を開設いたしました。自由が丘の街の移り変わりや現在の様子、書道についてのブログです。

等々力不動尊と等々力渓谷

2017年04月17日 | 日記
世田谷区にこんな自然があります
主人と共通の友人と一緒に等々力渓谷と不動尊を散策したあと、二子玉川ライズで食事をしてきた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「九品仏浄真寺(くほんぶつじょうしんじ)」

2017年04月15日 | 日記
自宅から徒歩10分ちょっと、自由が丘駅の隣の駅「九品仏」にあるお寺
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう一度会いたかった

2017年04月09日 | 日記
5日の早朝に高校の同級生の男子が亡くなりました。みんなに想い出をたくさん遺して・・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年4月4日の自由が丘の桜

2017年04月04日 | 日記
夕方4時半すぎなのに暖かい日差しが、桜もほぼ満開


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月30日の自由が丘の桜

2017年03月30日 | 日記
昨年の今頃は満開に近い桜だった。今年は少し遅咲き

今週末から「桜まつり」が始まる南口


東急ストアーの花屋に並ぶ花も春らしい

本日の自由が丘正面口(ロータリー)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JA共催書道コンクールの結果

2017年03月26日 | 書道
文部科学大臣賞


農林水産大臣賞


審査員特別賞
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生まれて初めての「喫茶店」

2017年03月16日 | 日記
これは〇〇年前の高校の同窓会の記念誌に私が寄稿したもの、ぜんぜんモテていなかった私がひとつだけモテた(?)お話しではなく、生まれて初めての喫茶店デビューの体験談です。少しおおげさに脚色しているが、決して不良ではなくまじめ~な生徒でしたよホントこの記念誌を作成した同級生はとってもセンスのある男子でデザイン会社を経営していた
自由が丘には「純喫茶」がなくなってしまった。昔のなごりがある喫茶店「六文銭」、マックの斜め向かいにある
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自由が丘東急プラザビルから眺めた自由が丘駅

2017年03月14日 | 日記
昔からある自由が丘東急プラザビルの9階から見下ろす自由が丘駅の屋根、遠くに見えるのはたぶん武蔵小杉あたりのビル群
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ「就活家族」で黒木瞳さんが働いていた花屋

2017年03月10日 | 自由が丘の街
自由が丘の街はよくドラマのロケ地になる。
花屋の前のイタリアンレストラン「シャッターズ」
自由が丘南口の遊歩道、平日のお昼どきはこんなにも静か
そして、自由が丘の豚ちゃん(ブティックの前にいました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奄美群島、本日から国立公園に

2017年03月07日 | 日記
たくさんの人たちの尽力で、奄美群島が国立公園になった! 主人の兄(鹿児島県議・向井俊夫)もいくらかは貢献したと思う。
平成30年のNHK大河ドラマに「西郷(せご)どん」が決定したこと。奄美群島が世界自然遺産にも登録されるらしい。中央政府に陳情に行った時の写真ますます多忙な向井俊夫、兄弟そろって頑張り屋です!(もちろん、主人もまだまだ現役で仕事しています)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二子玉川ライズのエレベーターから見た上野毛・等々力方面

2017年02月26日 | 日記
さわやかな天気! 気分爽快!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタイン

2017年02月15日 | 日記
ビートルズが好き、車のビートルが好きな娘から父(主人)へ、ビートルの形をしたチョコとビートルのミニカー
何となくあたたかい気分になる、書道教室にも暖かい日差しが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青春(Youth)

2017年02月12日 | 書道
新聞に載っていた記事。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。 日比谷壕沿いの「第一生命館」
Youth is not a time of life, it is a state of mind.
It is not a matter of rosy cheeks, red lips and supple knees, it is a matter of the will, a quality of the imagination, a vigor of the emotions, it is the freshness of the deep springs of life.
Youth means a temperamental predominance of courage over timidity of the appetite, for adventure over the love of ease.This often exists in man of sixty more than a boy of twenty. Nobody grows old merely by a number of years. We grow old by deserting our ideals. Years may wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles soul.
Worry, fear, self-distrust bows the heart and turns the spirit back to dust.

GHQ(連合国軍総司令部)最高司令官ダグラス・マッカーサーが、第一生命館に執務室を設け「サミュエル・ウルマン」の詩を掲げていた。松下幸之助や戦後経済の礎を築いた財界人がこの詩を愛し、座右の銘とした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節分のあとはお雛様

2017年02月05日 | 日記
ちっちゃなお雛様は、昨日同級生からいただいたもの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉田松陰が好んで使用した言葉、飛耳長目(ひじちょうもく)

2017年02月04日 | 書道
コメント
この記事をはてなブックマークに追加