むじな@金沢よろず批評ブログ

台湾、国際情勢、アニメなどについて批評

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヨルダン映画「キャプテン・アブ・ラエド(カーブティン・アブー・ラーイド)」

2009-06-06 02:13:04 | 中東
Taipei Timesを何気に見ていたら、5日から台北の映画館「真善美」でヨルダン映画の「Captain Abu Raed」が上映されるとのことなので早速最初の上映回で見てきた。まあ、最後のツメはちょっと甘いと思ったが、心温まる話で、総じて面白かったといえるだろう。アラブ圏ではエジプト、レバノン、それからシリアあたりが映画制作の定番で、ヨルダン映画というのも珍しい。
كابتن ابو رائد (カーブティン・アブー・ラーイド)。しかし中文題名は「愛無盡 夢飛翔」って何か変。
102分で全編アラビア語ヨルダン方言。一部挨拶程度で英語やフランス語も出てくるが。
監督のアミーン・マタールカ Amin Matalqa أمين مطالقة は、IMDBによると、1976年生まれって若いじゃん!13歳で米国に移住し、米国の映画学科の卒業作品らしいが、卒業作品と考えればきわめて出来が良い。

映画のあらすじはこうだ。
主人公アブー・ラーイドはアンマン国際空港の清掃員で、やさしい性格の持ち主。
ある日ゴミ箱からパイロット帽を拾って、被りながら帰宅するところを近所(アンマン郊外の比較的貧しい地区)の子どもからパイロットだと思われてしまう。翌朝、ドアを開けると近所の子どもたちがラーイドに「キャプテン!」と呼びかけ、世界の話をしてほしいとせがむ。優しい性格のラーイドは仕方なく好きな本から得た知識や空港でパイロットから聞いた話を元に子どもたちに世界の話を聞かせる。しかしラーイドの隣に住む、家庭不和の子供ムラード(Murad)がラーイドの正体を清掃員だとばらしてしまう。
一方ラーイドは、フランス人が置き忘れた旅行かばんを持ち主に届けて、カタコトのフランス語で会話して別れたところ、近くにいた女性パイロットのヌール(Nour)に興味を持たれ、それからヌールと親しくなる。ヌールは上流階級の出身で豪邸に住んでおり、父親から建築士との縁談を進められるが断り、ラーイドの家を訪ねるなど、ラーイドに惹かれていく。
親から学校に行かせてもらえずお菓子を売る近所の貧しい子どもから、たびたび箱ごと菓子を買い取ったり、優しさを見せる。
そういう姿を見るにつけ、最初はラーイドを「パイロットだと嘘をついている」などと嫌っていたムラードも次第に惹かれていく。ムラードの父親は仕事がうまくいかないため、アル中になり、妻を殴るなど家庭内暴力をするようになる。ムラードも父親に火で熱したスプーンを手に押し付けられ、やけどさせられ、表に出てないていたところを、ラーイドに手当てをされる。ラーイドから家庭内暴力の話を聞いたラーイドは、ラーイドの父親が外で泥酔して倒れていたところを一度石で殺そうとするが、思いとどまる。しかし後日、ヌールとかけあい、ヌールにムラードと母と弟を引き取ってもらうことにして、ムラードらを逃がす。ライードはムラードの家でムラードの父の帰りを待ち、家族がいなくなってことを知り激情したムラードの父にバットで殺されてしまう。ムラード一家はヌールの家に引き取られた。その後何年かたちムラードはパイロットになった。

ヨルダンは4年前にアンマンを中心に3泊4日しか滞在したことがないが、映画でもアラブ・イスラームの中ではレバノンのついで開放的で世俗的なところ、また、ラーイドや近所の人びととの暖かいふれあいがあるところは、イスラーム圏の良さが出ていて、懐かしかった。
ただこれを鑑賞した日本人一部のブログで「イスラーム的な部分はない」みたいなことを書いていたが、挨拶では随所に「アルハムドリッラー」が出てくるし、部屋にもクルアーンの聖句の置物がアップで写されたりするなど、当たり前だが、イスラームは随所に出てくる。
また、ヌールがせっかくライードの家を訪れて、一緒にテラスに寝そべったりしながら、セックスシーンにならなかったのも、ヨルダンがいかに開放的だとはいえ、イスラーム国のゆえんかもしれない。
それから、設定ではライードの住む地区は貧しい地区となっていたが、私が見たところでは中の下か下の上といったところ。ヨルダンの本当の貧しい人たちは、あんなものではない。まあ、あまり極端な貧困を描くのは、ヨルダンの今の表現の自由度から見たらタブーだからか。ただ家庭内暴力という社会問題も描いているが。

参考:
英語公式サイト
IMDB
Captain Abu Raed - English Wikipedia
おそらく全編が見られるものに:كابتن ابو رائد
日本では2008年7月に SKIPシティ国際Dシネマ映画祭(川口市) で上映されたらしい。

映画基本データ
Directed by Amin Matalqa
Written by Amin Matalqa
Music by Austin Wintory
Release date(s) 6 February 2008
Running time 102 min
Country Jordan
Language Arabic
Cast
* Nadim Sawalha - Abu Raed
* Rana Sultan - Nour
* Hussein Al-Sous - Murad
* Udey Al-Qiddissi - Tareq
* Ghandi Saber - Abu Murad
* Dina Ra’ad-Yaghnam - Um Murad
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすがオルテガ、日本のアホ... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。