思いつくままに

主に劇団四季ミュージカルの感想などを、
文字通り思いつくままに…。

ライオンキング@夏劇場で再スタート☆

2017-07-17 18:08:39 | ライオンキング観劇
2017年7月16日、浜松町の四季劇場春から大井町の四季劇場夏にお引っ越ししたライオンキングの初日を観てきました。

春から夏へ。


海の世界から…


サバンナへ。


そして、開幕をお祝いする花。

左から積水ハウスの阿部社長、ファミリーマート、ウォルト・ディズニージャパン、ディズニーシアトリカルグループ、ディノス・セシール。
(ファミマだけどういう関係なのか分からない…

本日のキャスト。

そういえば夏は青いキャストボードでしたね。
でも、ちょっと違和感が ここは茶色のボードを使って欲しかったなぁ。

さて、ここからはネタバレ有りですので、知りたくない方は読まないでください。

















内容いろいろ変更があって、ビックリしました
例えば、ヤングズ2人のメイクが変わってたり、ヤングシンバの『ハクナマタタ』の振り付けがマイナーチェンジしてたり。
『ワン・バイ・ワン』なんかは似てるけど違う曲?みたいな感覚になったり
あと、『スカー王の狂気』のシーン冒頭のザズの炭鉱節が、某CMソングになってました。これには客席大爆笑拍手も起こりました
何の曲かは敢えてここでは伏せます。ぜひ、劇場でお確かめください!

でも、一番分かりやすい&ビックリしたのはいくつかのシーンが短縮カットされていたこと。
一幕では『チャウダウン』のライオンスープの箇所がなくいきなり「腹がへって我慢できねえ」(byバンザイ)になり、さらに間奏的部分のハイエナトリオとの追いかけっこがなくなり、あっさりと追い詰められた感じ。
二幕では先ず、ジャングルでの「もやもやして…」のやりとりがカット。『愛を感じて』でも間奏部分のセンターバレエとフライングがありませんでした。
これらの短縮カットで、公演時間がこれまでより10分ほど短くなったみたいです。
確かにストーリーの本質には影響しないとは思うけど、個人的には何だかなぁ~と思ったのも事実。特に『チャウダウン』は元に戻して欲しいです
でもカテコも盛り上がり、全体的には充分満足できました
ライオンキングの新たな出発に、まずは大拍手です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライオンキング東京18 周年 | トップ | BILLY ELLIOT@7/22夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。