mugioの日記 2017

mugioと言います。45歳で×2になりました。現在、若干凹んでいます。頑張ってすっ飛ばしてきた人生を振り返ります。

眠れない夜

2017-06-16 02:26:16 | 日記
薬の副作用が薄れてきている。
心地よい眠気が去ってしまった。

私は、ごく普通に近い生活を取り戻しつつある。

心に開いている穴は塞がりはしないけど、足をすくわれないように、巧くかわせる術が身に付いてきた。

穴をかわす。変な言葉。

心の中は、天地も無いし、左右もない。見回すと至る所に大小の穴が開いている感じ。

私は自分の心のなかで静かに目を閉じて過ごしている。

動かない。
見ない。
聞かない。
振り返らない。

それが最大の保身になる。

最も恐れるべきものは、自らの心の内にある。

それでもたまに子供のように、大きな穴を覗いてみたくなる。

怖いのに、

怖いもの見たさ

深くて暗い穴の酷い様に、打ちのめされて震える。

時に泣く。

瘡蓋を剥がしたくなるような感覚。
癒えそうな傷を認めたくない。
瘡蓋を剥がして痛みを感じて、僅かに滲む血に自分が生身の人間であることを確認するような、愚かさ。

私の時間の使い方は、子供のようだ。


これが、自由なんだと思う。

自分の心のなかを覗き込んだり、瘡蓋を剥がしたくなる気持ちを感じたり

そんなことができるのは、一人で自由だから。

もて余してる時間があるから。


少しは寂しいけど、悪くないね。

自分のためにコンビニに行く。
自分のおやつを買っている。
自分のために、検索して、
自分のために電話をかける。

贅沢だなぁと思う。

こんなに自分のことだけ考えてるのは、大人になって初めての事。

この寂しい時間を謳歌しようと思う。
自由を与えられたのだと考えようと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 娘の誕生花 | トップ | 亡くなった人が夢に出てくる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL