mugioの日記 2017

mugioと言います。45歳で×2になりました。現在、若干凹んでいます。頑張ってすっ飛ばしてきた人生を振り返ります。

美しい日々

2017-06-20 16:13:59 | 日記

綺麗なBGMを聴きながら仕事をしているけど、

ピアノの高いキーが叩かれると、過去の記憶がよみがえるような感覚を感じる。

 

45年も生きてると、思い出は多くて、人生のどの場面を切り取ってみても、

こんなBGMに合わせて映像を流せるような気がする。

 

人は思い出があるから、自分がある。

今、記憶喪失になっても、今から記憶を作り学び、思い出と言う名の記憶を新たに刻むようにできている。

 

mugioは記憶により苦しめられることもあるけど、

記憶により救われることが増えてきた。

こんな切ないピアノの音色は苦しい記憶を蘇らせることが多かったけど、自分の今の脳は苦しい記憶を選ばなくなった。

 

娘の小さくて汗ばんだ手。

いつも私と手をつなぎたくて、抱っこしてほしくて、

私に向かって差し出された手。

 

ピアノの高いキーが私の頭の中に蘇らせる、幼い娘の記憶。

 

こんな素敵な思い出があったんだ。

私の頭の中に、もっと価値ある思い出があるだろう。

今、mugioの脳は、温かく優しい記憶を脳の深層から引っ張り出せるようになってる。

 

大きくなっても娘がかわいい。子供と共に時間を過ごせることが幸せだって思える。

娘だけは、どんなことがあっても我が子。

そんな変わらない関係を持てる存在が居てくれてよかった。

 

記憶が美しい日々に彩られると、生きているのが心地よい。

思い出に包まれて生きてるのが幸福なら、生きるのは苦しくない。

 

がんばろ。そして、年内にまた一つくらい、娘と何か良い思い出を作ろう。

生きる目標がそんなものでもいいと思う。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 文句を言う基準 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL