むぎの城さんぽ

日本100名城&続日本100名城を巡る旅と日本城郭検定1級合格を目指してます。近頃は山城歩きもエンジョイしてます!

加納城(岐阜県)

2017年05月19日 07時30分34秒 | 100名城以外の城
加納城(かのうじょう)
別名 沓井城
構造 平城
築城者 奥平信昌
築城年代 1602年(慶長7年)
指定史跡 国指定史跡
場所 岐阜市加納丸の内
【 地図 】


初代城主は徳川家康の娘(亀姫)の婿である奥平信昌が勤めました。
奥平信昌は上野の国「宮崎城」(群馬県富岡市)の城主で関ヶ原合戦の武功により10万石で加納城に
入城しました。



北門入口にある案内看板。
ここから北に向かってJR岐阜駅までの間に中山道が通り宿場町も広がり
城下町の中心部が広がります。

加納城CG

加納城はこのように水に囲まれた二重堀の城でした。


北門跡

立派な石垣が見られます。
石垣は本丸を囲んで良い状態で見ることが出来ます。


本丸石垣

角は算木積、他は野面積みで関ヶ原合戦後落城した岐阜城から石垣の石を
運んだと伝わります。


本丸跡

しっかりした土塁に囲まれているせいか広いのになんだか圧迫感を感じます。


天守台跡
この石垣の上にかつて岐阜城から解体され運ばれたという天守があったという話もありますが
天守は築かれなかったとも言われています。
実際は岐阜城の麓にあった館邸を移して修築したようです。


北東角二重櫓跡

本丸の土塁の隅には二重櫓が建てられていました。


鐵門跡

この奥が大手口です。
徳川氏初期の特徴である「外枡形」になっている場所を内側から見ています。


南東角二重櫓跡

ここにも二重櫓がありました。



外枡形の上に居ます。





本丸南側水堀跡

かつて加納城は水堀と川に囲まれていて「水に浮かぶ城」でした。
明治維新の後、水堀は埋められてしまい建物もすべて取り壊されてしまいました。
現在は石垣と土塁が残っているのみになりました。





臆病門跡



加納公園案内マップ

南側入口にある公園の案内マップ。


トイレ

公園の周囲にはトイレや駐車場が完備されています。


加納城本丸にある案内看板の説明を読んで、「奥平信昌…」ん?聞いたことあるなあ、というか群馬から来たんじゃない?
と思ったら地元城主さまではないか!!
そうか、ここに入封したことで宮崎城は廃城になったんじゃん
すっかり忘れてました。


平成29年5月4日登城



城郭検定の解答

準1級【1】解答問5 ②加納城
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沓井城(岐阜県) | トップ | 赤石城(群馬県) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。