むぎの城さんぽ

日本100名城&続日本100名城を巡る旅と日本城郭検定1級合格を目指してます。近頃は山城歩きもエンジョイしてます!

羽生城(埼玉県)

2017年07月13日 04時52分34秒 | 百名城以外の城
羽生城(はにゅうじょう)
別名 
構造 平城
築城者 1540年代
築城年代 広田直繁・木戸忠朝(兄弟)
指定史跡 市指定史跡
場所 羽生市東5-7-1
【 地図 】


羽生城は古河公方家臣の広田直繁によって築かれました。
北と東は蓮沼、南は小沼に囲まれた要害の城でした。
広田直繁・木戸忠朝の兄弟がこの城を守り、忍城の支城になると大久保忠隣が城主となるが、
慶長19年に徳川幕府の直轄領となり城は廃城となりました。



「羽生古城天満宮」の看板に従って進みます。


鳥居

鳥居が見えて来ました。羽生城に近付いてます。



駐車場ではないですがここだけ道が広くなっていて通行の妨げにならないように車を寄せます。


羽生城祉碑

ここは天神曲輪にあたる場所です。
現在本丸や二の丸は宅地と化しています。


羽生古城之図

この看板を見ると右上に鳥居が見えます。
この辺りは看板右上の鳥居辺りに当たるのでしょうか。


古城天満宮

鬼門除けのためにあった神社に位置するものと思います。


本殿

本殿脇に廻ってみました。


額殿

古そうな建物があり、古そうな看板等も見えます。


天神社改築記念碑

昭和六年に雨漏りがひどくなった天神社の屋根の葺き替え工事等を氏子や崇拝者の寄付によって
行なったことが感謝の意を込めて記されています。



この敷地内には沢山の石碑が建っています。


牛伏せ像

菅原道真が牛に乗って来たと言われることから天満宮の各地にはこうした牛の像が祀られています。

周囲をぐるりと周ってみたのですが住宅地となっていて遺構らしいものはみつかりませんでした。
縄張り内には曙ブレーキ工業があり、入口には土塁のようなものが!!
と思ったのですがまったく違いました^^;


平成29年7月5日登城


城 2018年 カレンダー 壁掛け C-2 (使用サイズ 594×420mm)
クリエーター情報なし
写真工房
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種垂城(埼玉県) | トップ | 皿尾城(埼玉県) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残ってないですね、なにも! (ヤマシロ)
2017-07-15 13:43:19
羽生城は、正直なにも残ってませんね!城址碑の場所は天神郭で本丸等の主要郭は曙ブレーキの西側になり工場好条件に住宅地ですよ。
何度か、周辺を含め歩きましたが羽生城の北側に堀越館が有り土塁と堀が有りますよ。周辺に支城や砦が複数有りましたが今では数ヵ所しか遺構はありません。因みに、羽生城は上杉謙信の属城で、後に謙信により破却され家臣達は群馬の膳城と山上城へと・・・最終的には米沢まで行っている方も、居られます。
Unknown (むぎ)
2017-07-15 22:16:04
この兄弟たちは上杉さんちのもとで埼玉と群馬を行ったり来たりしているんですね。とはいえ、埼玉も群馬も今の県境とは違うので近い範囲だったのでしょうね。私にとっては車を使ってもこの距離かあって思うのですが、昔の人って足か馬で何日もかけて日本全国移動していたと思うと凄いといつも思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

百名城以外の城」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。