むぎの城さんぽ

日本100名城&続日本100名城を巡る旅と日本城郭検定1級合格を目指してます。近頃は山城歩きもエンジョイしてます!

松戸城(千葉県)

2017年05月11日 08時00分59秒 | 百名城以外の城
松戸城(まつどじょう)
別名 
構造 平山城
築城者 不明
築城年代 不明
指定史跡 
場所 松戸市松戸
【 地図 】


松戸城があったと推定される戸定ヶ丘歴史公園。
あくまでも推定であって、どこのどの部分が城郭かということは判明していないとのことです。
(松戸市戸定歴史館の職員説)
松戸城跡というよりは徳川家の住まいと庭園の公園といった感じです。


駐車場

左側が入口に近い駐車場になります。
あまり広くないのですぐにいっぱいになってしまいますがこの駐車場の手前にも(少し下る)駐車場が
完備されています。




戸定邸入口の門。
萱葺屋根の貫禄のある門構えです。


松戸市戸定歴史館

こちらで松戸城の話が聞けたらと思って寄ってみましたが、手がかりはありませんでした。
歴史館の受付で詳しい係員の方に聞いていただいたところ、松戸城がどこにあったのかさえ判明していないとの
ことで驚きました。
近頃は松戸城がどの辺にあったのかというような質問が増えたそうですが特定できていないというのが
回答だそうです。

不老門跡碑



戸定の藤まつり

市民から寄付された藤の花が見ごろでした。
香りも良く、香りにつられて大きな蜂もいるので興奮させないように注意しながら
ハチさんといっしょに鑑賞。(ちょっとこわい


石垣

公園の中にある石垣。
いつごろのものか、城に使われていたものなのかまったくわかりません。


戸定邸

将軍徳川慶喜の弟で徳川昭武の住まいで、徳川家唯一の一般公開されている屋敷と庭園です。


使者の間

コウモリの欄間がめずらしい。コウモリは福を招くと言われているために使われているようです。


押入れの床板は見事なケヤキの一枚板です。


廊下



表座敷

戸定邸で中心となる場所で、皇室や華族家の大切なお客様を迎える部屋です。






眺めも良く庭園が奇麗に見えるばかりでなく、眺望は富士見百景に指定されていて条件に恵まれると
富士山が見えるようです。
ちなみにこの日は見えませんでした。残念。


洗面所

この洗面台は増築部分にあり、大正時代になってからのものです。
孫夫婦の新婚生活時代に使われたもので畳の上に膝をつき、顔を洗ったそうです。
この洗面台には引き出しが付いていて、引き出しの中にはタオルが入っていたそうです。


湯殿

昔は桶にお湯を汲んで体に掛けるという入浴方法だったのでしぶきが飛ぶことを考えて
段差を造ってあるようです。



家族や来客が使った浴槽です。
この浴槽は昭和になってから造られたもので昭武が使っていた頃は浴槽がありませんでした。


湯殿天井

回し張りと呼ばれる技法で、杉板が貼られています。
当時からこの造りだったかわからないのですが通気口が見えるので換気の面でも
かなり考えられた天井の造りだと思います。





松雲亭

昭和53年に造られた茶室で、茶会などに貸し出しもしています。


徳川将軍珈琲

明治時代、徳川慶喜が好んで飲んだという珈琲。
徳川家と珈琲は昔から深い関わりがあったそうです。
「徳川将軍珈琲」として慶喜が飲んだという珈琲を徳川慶喜家4代目の当主が再現。
駐車場の売店でも購入可能なのでおみやげにいかがでしょうか。

ちなみに子供の日が近かったのでお菓子は柏餅。
私は将軍珈琲とこしあんの柏餅、旦那はお抹茶とみそあんの柏餅をいただきました。


城跡を見に来たつもりでしたが遺構はほとんどみられませんでしたがその分じっくり戸定邸を観ることが
出来ました。
わりと屋敷や御殿なども観る機会があるのですが、私が興味を示したのはやはりお風呂と洗面所の造りです。
板の間に流し台があるのはよく目にするのですが畳敷きになっているのを見たのはここが初めて。

おもしろいものが見られたと思います。


もっと沢山の写真も撮って来たので紹介したいところですがあれもこれもいっぱいになってしまいそいうなので
現地で実際の戸定邸を見ていただくのが一番!だと思います。




平成29年4月30日登城


城 2018年 カレンダー 壁掛け C-2 (使用サイズ 594×420mm)
クリエーター情報なし
写真工房
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鷺沼城(千葉県) | トップ | 難波田城(埼玉県) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

百名城以外の城」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。