むぎの城さんぽ

日本100名城&続日本100名城を巡る旅と日本城郭検定1級合格を目指してます。近頃は山城歩きもエンジョイしてます!

大垣城(岐阜県)

2017年06月14日 08時03分03秒 | 続百名城
大垣城(おおがきじょう)
別名 麋城 巨鹿城
構造 平城
築城者 不明
築城年代 不明
指定史跡 市指定史跡
場所 大垣市郭町2-52
【 地図 】


関ヶ原の戦いで西軍の将であった石田三成が入城し、その後関ヶ原で東軍徳川家康との決戦となる。
明治以降まで天守が残っていた(国宝)が第二次世界大戦で空襲により焼失してしまった。


東門(柳口門)

天守の復元とともに柳口門を移築した東門。


麋城の滝

これは見ての通り、人口の滝です。
とても涼しげです。


鉄門跡
現在鉄門は各務原市指定重要文化財となり、中山道鵜沼宿町屋館の道路向かい側に所在しています。


大垣城本丸城郭図



天守

鉄筋コンクリートで復元された天守。
戦災で焼失する前は国宝に指定されていました。
石垣の石としては珍しい石灰岩が使われています。
美濃赤坂の金生山から切り出してきたものです。


大垣城展示室

大垣市郷土館とセットの入場券を購入して天守内部の郷土博物館を見学。


甲冑



天守鯱鉾

再建された天守と同じもののようです。
古い写真と見比べると少し形がちがっているように見えます。


武器

実際に触れるレプリカ武器です。
甲冑だけでも重いのに、更に武器を持ったら…私はたぶん即効で殺られていることでしょう^^;


最上階からの眺望

ここから金崋山にある岐阜城が見えます。


艮櫓

L字型をした艮櫓は外観復元されています。
ここにも戦災で焼失してしまった国宝となった櫓があったんですね。
古い写真は残されているので、それを見るともったいなくてとても残念でなりません。


東埋門跡

出入口があったことを思わせる崩れた石。


辰巳櫓跡

麋城の滝の上にある辰巳櫓跡。


西門

こちらも模擬門です。
艮櫓と同様、丸の狭間が設けられています。


騎馬武者像

戸田家11代で大垣藩初代藩主戸田氏鉄公の馬上像。
戸田氏大垣藩は明治の版籍奉還まで太平の世が続きました。


大垣市郷土館

戸田公入城350年を記念して建てられた施設です。


城郭模型

城郭と城下の様子がわかりやすい模型です。


麋城の井戸

こんにゃく屋の文七が味の良いこんにゃくを作るために裏庭で土を掘り、節を抜いた青竹を打ち込んだところ
竹の先から奇麗な水が噴き出したと言われています。


濃飛護国神社

戊辰戦争に参加して戦死した54名の大垣藩士を祀っている神社です。
西南戦争で没した12名の大垣在籍の士族も合祀しています。


続百名城にもなった大垣城。
まだ続百名城といった雰囲気や実感の表れは見えなかったです。
城郭内にある公園はゴールデンウィークとあってか家族連れでとても賑わっていました。
戦火で焼失してしまった天守や櫓が残っていたら…とつくづく思ってしまいます。
現代になって空襲で狙われてしまった城を訪れるたびに悔しく思います。
せっかくそれまで残って来た城なのになあ…残念でたまらん。

平成29年5月4日登城


スタンプ№144
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第10回日本城郭検定 | トップ | 山上城(群馬県) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。