138ねこのボヤキ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やまがたにいってきたよ

2017-03-13 01:06:11 | 日記
やまがたと言っても岐阜県山県市ですけどねw

なにが目的なのかと言えばこれに決まってるじゃないですか

山県市椎倉(しぐら)町にある岐阜レトロミュージアムです
もう全国的に有名だから知ってる方は多いと思いますがそこはそこ
自慢話させてくださいw

ずらっと並ぶオートレストランにあった自販機の数々
現在このフロアにて稼動しているのはうどん自販機のみですが個人的に動いてなくても見てるだけで十分です
うどんは天ぷらうどんのみで1杯500円
正直言えば高いですよ
でもこれを今現在食べられると言う幸福感を考えれば安いもんです
うどんの自販機はかつて大学の食堂にあったものだそうで
年月の割には美品でありメンテナンスも行き届いているので今後も長く使えそうです
そして現在端っこにあるカレーの自販機を夏までには稼動させたいと店主さんが言っておられました
その食堂の片隅においてあるのがこれ

忍者くんで有名なUPLが作っていたエレメカでラッキークレーンといいます
今現在でも稼動しているゲーセンが多いので見たことがある方多いのではないでしょうか?
そして・・・
その横にある博物館へ入るには入場券が必要です
1時間500円で3時間は1300円そして1日券は2500円
自分は3時間を購入
そして博物館へ侵入w
博物館にあるのは
ギャプラスと初代ストⅡ(対戦台)
アフターバーナーⅡ(コマンダータイプ)
そして写真にあるもの

アイレムのエレメカであるヒルクライマーと
5つのゲームがこれ一台で遊べるセガのシューティングゾーン
なんとあのアウトランも遊べる代物ですw
そしてこれも稼動してました

セガのスーパーハングオン(スタンダードタイプ)
皆さん遊んでましたがスーパーチャージャーの存在に気がついてない模様でしたw
そしてこれら以上に目的としていたもの
それは・・・パチンコです
幾ら古くてもゲームはMAMEがあるので良いのですがパチンコ台となるとそうはいきません
パチンコ台はすべてが消耗品の塊であり実際に稼動できる台はそう多くありません
よって遊べる機会はそうそうあるものではありません
で・・・
博物館で多く動いてるのがいわゆる羽モノでして他にも電役機やデジパチや一発台もありましたが
自分には羽モノしか写りませんでしたw

手前は西陣のスシ五郎で奥はニューギンのポップアート

手前は三洋のサーカスで隣は西陣のダービーキング

手前から
西陣のスケボーKIDS/魔界組でその隣がうちのポチ(ALL13仕様)

手前が西陣のピンボールで奥がニューギンのツインV

玉を置いてあるのがニューギンのドラキュラ城で隣は平和のブンブン丸

三共のマジックカーペットで隣人が打ってるのは大一のブルドーザーおじさん
写真にはないけど他には
ニューギンのさめざんす5
平和のビッグベン
西陣のパチンコ大賞とふんどし大将
紹介した以外にもまだ他にもあるので年配で先が短い羽モノファンは今すぐにでも行くべきですよ
一通り大当たりさせたのでパチンコを止めて駄菓子を貪ることにしました
で・・先ほどから甘いにおいがするので何かなぁと思ったら

綿菓子機発見!!
自分が働いていたゲーセンにあったものと同じなので懐かしく思いました
そんな訳で早速作ることにしました(50円)

以前結構作ってましたから綺麗なもんでしょw

コスモスは例の件があったあと業績が急激に悪化して倒産しました※

80秒内に入賞口に10個入賞すれば景品が出るTIME80
この他にも初代ジャンケンマンや国取り合戦ゲームというメダルゲームもありました

100円で夢のカウンタックに乗ることができます。気分はハマの黒ヒョウw

元兵庫県にあったパチンコ屋の看板だそうです
それでパチンコ台においてはストックが4千台!?もあるそうなので順次台を交換してるそうです

一通り遊んだあと店主さんとパチンコについて情報交換をさせて頂きました
自分が知らない事多く教えていただき本当に感謝感激でした
ちょっと遠いけど頑張ってまた行きたいですねw
(自転車で片道2時間半)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今から始めるスト2X講座(ダ... | トップ | まとめ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。