mugifumi日誌

海外旅行の体験などのほか園芸、料理などの日常の生活雑感を掲載しています。

ウズベキスタンの謎の文明の遺跡

2016年10月29日 | 旅行記
 昨日に続き、ウズベキスタンの面白い写真をご覧いただきたいと思います。
 ウズベキスタンのカラカルパクスタン共和国のヌクスには、3世紀ごろ繁栄した古代ホレズム王国があるといいますが、文献がほとんどなく謎に包まれた文明といわれています。
 私たちは、その古代遺跡の「アヤズ・カラ」と「トプラプ・カラ」といわれる砂の城塞を訪問しました。
 ところで、この共和国に占める砂漠の割合は89%といいますから、どこも砂に覆われていた!という印象が強いのですが、二つの古代遺跡も砂の丘を歩いた、という感じでした。
 などといってますと、身体が大変そうですが、砂丘のテント?(モンゴルのゲルみたい)で昼食をいただいて、頂上が遠いアヤズ・カラ遺跡でも歩いて20分ぐらいでしたから、砂漠独特の植物やカマキリ?、そして、コブが特徴的なラクダまでいましたので、楽しく登ることができたのです。
 今日は、そんな散歩で見えた面白い光景をご覧いただきたいと思います。

 まず、先に見学したトプラク・カラから

 <トプラク・カラ到着>


 <トプラク・カラの一コマ>


 <昼食会場のゲル?>


 <いただきます!>


 <トプラク・カラの一コマ>


 <蜂の巣ではなく、鳥の巣らしい>


 続いて、アヤズ・カラから

 <アヤズ・カラの全景>


 <アヤズ・カラの一コマ>


 <同じくアヤズ・カラ>


 <同じくアヤズ・カラ>


 <突然、ラクダが現れる!>


 <カマキリのようなかわいい爬虫類がたくさん!>

 これ以上に面白い写真がありますが、旅行記に譲りたいと思います。
 それでは、これにて失礼いたします。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラカルパクスタン共和国と... | トップ | トルクメニスタンの地獄の門 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。