トーキング・マイノリティ

読書、歴史、映画の話を主に書き綴る電子随想

年末のご挨拶

2017-12-30 16:38:13 | 私的関連
 今年もついに明日で大晦日を迎えます。皆様にとって今年はどのような年だったでしょうか?今年の世相を漢字一文字で表わすと、「北」になりました。2位以下の漢字や過去10年の漢字を紹介したサイトがありますが、今年は2位「政」、3位「不」なのは考えさせられます。 果たして来年はどんな漢字が1位となるのでしょう?どんな漢字が選ばれても良き年になることを願いたいですが、昨今の国際情勢からは難しそうです。「今は . . . 本文を読む
コメント (8)

書評にブチギレる物書きたち その⑧

2017-12-29 20:40:06 | マスコミ、ネット
その①、その②、その③、その④、その⑤、その⑥、その⑦の続き Kが誰かに賛同を求めたい時、決まってもちだすアンケートだが、以下は拙記事へのアンケート。 アンケートのお願い[1] 皆様は、匿名M氏ほど徹底的に、組織的に、体系的に、原文を歪曲・改竄して「引用」する「書評」を他にご存じですか。[2] 皆様は、匿名M氏の「書評」に何らかの価値があるとお思いですか。  ここはあくまで趣味で行っている無償 . . . 本文を読む
コメント

書評にブチギレる物書きたち その⑦

2017-12-28 21:40:26 | マスコミ、ネット
その①、その②、その③、その④、その⑤、その⑥の続き Kの取り巻きこそ完全な「信者」であり、Kがどれほど下劣な罵詈雑言を重ねても、「大先生の有難きお言葉」と盲信している。そんな信者がその③に早々と書き込んできた。保存後削除したが、以下はそのコメント。 著書・歪曲引用犯のネット・ゴキブリ (K氏) 2017-12-22 15:09:01http://fjii.blog.fc2.com/blog-e . . . 本文を読む
コメント

書評にブチギレる物書きたち その⑥

2017-12-27 21:40:04 | マスコミ、ネット
その①、その②、その③、その④、その⑤の続き トゥンジェリ県知事R氏とKの会話も興味深い。R氏はアレウィー教徒がいかに「無知蒙昧」であるかを力説し、こう言う。「回教徒でありながら回教のなんたるかを知らず間違ったことを信じています。私は知事としてこれを放っておくわけには行きません。正しい道に導くため日夜努力しています」(180頁)「これが政教分離を建前とする国の県知事の言うことであろうか」(同頁)と . . . 本文を読む
コメント

書評にブチギレる物書きたち その⑤

2017-12-25 21:40:07 | マスコミ、ネット
その①、その②、その③、その④の続き 日本ではネオコンに影響を与えた学者として不評だが、Kの定義に従えば米国のイスラム・中東史の第一人者バーナード・ルイスすら“偽物”となってしまうだろう。池内恵氏だけでなく、欧米のイスラム研究者全てにKは喧嘩を売っているようだ。 意外に知られていないが欧米人研究者の中には、中東諸国の現地の言語を満足に解せず、いい加減な調査で済ます者もいるのは確か。それでも専門家と . . . 本文を読む
コメント (6)

書評にブチギレる物書きたち その④

2017-12-24 20:40:11 | マスコミ、ネット
その①、その②、その③の続き K氏が罵詈雑言を浴びせているのは、匿名の“ネット・ゴキブリ”だけではない。今回の記事を書くにあたり検索したが、分っただけで石牟礼道子、黛まどか、池内恵、常岡浩介諸氏を攻撃している。さらに調べれば他の言論人への罵詈雑言が見られただろうが、この類の記事は実に見るに堪えない。しかも全て呼び捨て。はじめは「さん」「氏」等と敬称付でも早々に呼び捨てなのだ。私もそれに倣い、K氏で . . . 本文を読む
コメント

書評にブチギレる物書きたち その③

2017-12-21 21:40:24 | マスコミ、ネット
その①、その②の続き アマゾンレビューでは軒並み五つ星と高く評価されるK氏の『トルコのもう一つの顔』だが、星が三つのレビュー「せっかくの学術的内容が、トルコ政府憎しの筆者の主観で勿体ないことに」(2013年7月16日)で、san氏はこう著者を批判している。 「クルドについては多少知っていても、ラズだのザザだのアレウィー教徒だの、全く知らなかった。自分にとっては未知の少数民族やその言語の存在を知る . . . 本文を読む
コメント (5)

書評にブチギレる物書きたち その②

2017-12-20 21:40:06 | マスコミ、ネット
その①の続き ネットでの書評に激高するのは自称東大卒作家に止まらない。己の著作への書評をチェック、購読者に罵詈雑言を浴びせている人物もいる。フランス在住の言語学者・小島剛一氏(以下K氏と記す)に至っては、「ネット・ゴキブリ」「愚か」「馬鹿」等の暴言に興じている老人(1946(昭和21)年生まれ。秋田県出身)。 先月、K氏の著作『トルコのもう一つの顔』(中公新書1009)を拙ブログで記事にしたのがき . . . 本文を読む
コメント

書評にブチギレる物書きたち その①

2017-12-19 22:00:23 | マスコミ、ネット
「【悲報】東大卒作家さん、一般人のただの批判ツイートにブチギレ!罵倒&偏差値煽りをしてしまう」というネットニュースを先日見たが、実に興味深い内容だった。次は記事の見出しからの引用。「東大法学部卒の作家・古野まほろ氏 Twitterで学生を罵倒して物議を醸す」「北海道大学の読書サークルに所属する学生が、あるミステリ小説の感想をツイートしたところ、投稿を目にした作家本人から「バカ」「クズ」「猿」などと . . . 本文を読む
コメント

年寄りの冷や水

2017-12-14 21:40:28 | 世相(日本)
 9月末の親戚の葬式の帰り、母が怪我をした。引き出物を両手に持って階段を上がった際、バランスを崩して転倒したのだ。転んだのは階段最上階で、幸いなことに段から滑り落ちた訳ではなかった。両手がふさがっていたため手を出すことができず、顔と手を打った。これまた幸いなことに骨折はしなかったが。 それでもコンクリートの床に強か顔を打ったため、2週間ほど顔左半分はどす黒くなっていた。いかに昭和一桁生まれの老婆で . . . 本文を読む
コメント