トーキング・マイノリティ

読書、歴史、映画の話を主に書き綴る電子随想

最近の若者は…

2017-05-16 21:40:20 | 歴史諸随想

 前回は古代ギリシアについて書いたが、優れた哲学者を輩出していた時代でもあった。大半の日本人は著書を読まないにせよ、ソクラテスやその弟子プラトンの名だけは知っている。さらにアリストテレスはプラトンの弟子に当たる。
 彼らのような大哲学者ならば、さぞ若者たちから絶大な信頼と尊敬を受け、弟子たちは服従しきっていたと思いきや、必ずしもそうではなかったようだ。『アシモフの雑学コレクション』(新潮文庫)に載っている、ソクラテスとプラトンによる若者への言及は興味深い。先ずソクラテスから。

子供は暴君と同じだ。部屋に年長者が入ってきても、起立もしない。親にはふてくされ、客の前でも騒ぎ、食事のマナーを知らず、足を組み、師に逆らう
 次は自分の弟子について、プラトンのぼやき。
最近の若者は何だ。目上の者を尊敬せず、親に反抗。法律は無視。妄想にふけって、街で暴れる。道徳心の欠片もない。このままだとどうなる

 アシモフは出典元を明らかにしていないが、これらが事実ならば面白い。最近の若者は何だ、というのは何時の時代も繰り返される現象だが、哲学史上に燦然と名を遺すソクラテスやプラトンが、凡夫と同じことをボヤき、反抗的な若者に手を焼いていたのを想像しただけで笑える。もちろん彼らには憶えやマナーが良く、優秀な若者に不足しなかっただろうが、不肖の弟子も確実にいたはず。
 アシモフの本には、アリストテレスの若者への言葉は紹介されていないが、アリストテレスにも出来の悪い弟子がいたのは想像に難くない。たとえ道徳心の欠片もない弟子がいたとしても、彼らが知的巨人であることに揺るぎはない。

 wikiにはアシモフがユダヤ系であることが載っているが、何年も前に見たユダヤジョーク集にも、今時の若者への皮肉があった。イスラエルでも生意気な若者に困っているらしく、公用語であるヘブライ語を話せない人物が隣人にこう言う。自分が話せるヘブライ語はシャロームと、失念したが、確か“どうも”という意味の言葉くらい。イスラエルに移住しても公用語が満足に話せず、イディッシュ語を使い続ける老人もいるという。
 それに対し隣人は、お宅の息子さんのヘブライ語は完璧だ、というが、「しかし息子は、この2つの言葉だけは憶えようとはしない」と答える父。私にはジョークよりも、誇張され過ぎたフィクションに感じられたが。

 何時の時代も何処の国でも、「最近の若者は何だ」は大人の口癖となっている説教なのだ。かつては若者だった大人も、言われる側から言う方になっただけで、自分たちの若者時代は美化された思い出にしたがる。私自身、気付かぬうちについ、「最近の若者は…」と言っていると思う。この言葉を口にするだけで、老化現象のひとつかもしれない。

 数は多くないが、「最近の若者は素晴らしい」と持ち上げる大人もいる。若者の真の味方や理解者というより、商売上の都合、つまり金儲けのために若者に媚びる者や、メディア界で若者の味方ぶる連中が大半だ。雑誌や書籍、新聞、TVに取り上げられ、称賛される若者は時代の寵児となるが、若者自身とて商売なのだ。概ねメディアの世界で大人と若者は、持ちつ持たれずの関係だろう。
 ネットの台頭でТVは以前のような影響力は低下したにせよ、未だに視聴者はТVに登場する“時代の寵児”に夢中となる。メディアの巧妙な戦略のせいばかりではなく、一般大衆も若きヒーローやヒロインを求めているのだ。

 中高年世代の方なら、野坂昭如が出ていた大手洋酒メーカーのCMを憶えているだろう。CMで野坂が歌った曲の歌詞はこうだった。
「♪ソ、ソ、ソクラテスかプラトンか、二、二、ニーチェサルトルか。みーんな悩んで大きくなった…」
 Youtubeへの「大きくなった今も悩んでます」というコメントに、思わず笑ってしまった。成人後は子供時代と異なり、悩みもまた大きくなる。悩みも多岐にわたり複雑化するが、それを糧にするのが哲学者という人種だ。



◆関連記事:「若者に告ぐ

よろしかったら、クリックお願いします
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 歴史ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギリシア人の物語Ⅱ その④ | トップ | 中東に売られる子供たち その① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。