トーキング・マイノリティ

読書、歴史、映画の話を主に書き綴る電子随想

ポーラ美術館コレクション展

2016-10-17 21:40:13 | 展示会鑑賞

 先日、宮城県美術館の特別企画「ポーラ美術館コレクション」展を見てきた。サブタイトルは「モネからピカソシャガールへ」とあり、チラシでは今回の展示会をこう紹介している。

ポーラ美術館は、2002年、「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに箱根仙石原に開館しました。本展では、ポーラ美術館の所蔵する日本有数の西洋絵画コレクションの中から、印象派の巨匠モネ、ルノワールをはじめ、セザンヌゴッホゴーガンポスト印象派ルドンシニャックらの象徴主義新印象派、そして20世紀美術を代表するピカソ、シャガールまで、多彩な展開をみせた西洋近代美術史の流れを辿る絵画71点を精選してご紹介します

 トップは特別展のチラシの画像だが、ポスターなどでも同じくモネの睡蓮が使われている。モネといえば睡蓮画家のイメージが強いが、実は睡蓮の絵を200点以上も描いていたことを、今回初めて知った。この睡蓮は展示№10、1907年の作品。睡蓮というと、アジア的なテーマにも感じるが、西洋絵画で描かれた睡蓮も素晴らしい。ホテルの食堂やロビーに飾っていれば、清々しい印象を受けるだろう。



 展示№12「水のなかの裸婦」が上の画像。いかにもルノワールらしい裸婦であり、ルノワールといえば裸婦と子供のイメージがあるだろう。現代から見ればメタボ体型以外の何者でもないにせよ、肌の色はもちろん色彩が全般的に明るく美しい。ルノワールの後に展示されていたためか、セザンヌの裸婦は画面全体が暗く、痩せていて病的な印象だった。



 上は展示№13「ムール貝採り」。これまたルノワールらしく愛らしい子供たちを描いている。姉妹らしき2人の少女やムール貝の入った籠を持っている少年の可愛らしさが堪らない。対照的に母親はキツい表情をしているが、子育て真っ最中の忙しさだけでなく、子供も労働力としてムール貝採りをしなければならない。屈託のない少女に対し、少年は母の顔色を伺っているように見える。



 ゴッホといえばひまわりだが、上の展示№26「ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋」のような明るい風景画も描いていたのは意外だった。耳を切り落としたエキセントリックな画家で知られるゴッホだが、作風には画家の心象が写されるようだ。



 今回初めてルドンという画家を知った。上は展示№34「日本風の花瓶」。ルドンの作品は4点展示されていたが、全て何故か見る者を不安定な気持ちにさせられる作風だった。色彩は鮮やかでも、不気味さすら感じる。同行した友人も同じ感想だったらしく、絶対に部屋に飾りたくはない絵画と言っていた。



 ルドンと同じく、アルフレッド・シスレーも今回初めて知った画家であり、その3点の作品が展示されていたが、こちらは全て良かった。上は展示№19「ロワン河畔、朝」で最も気に入った。このような絵をホテルの食堂にでも飾れば、さぞ爽やかな朝の気分となろう。
 明るい画風から、シスレーは経済的に恵まれた暮しをしていたと想像したが、晩年は困窮した生活だったことがwikiに載っている。しかも、「ロワン河畔、朝」は死の8年前で貧困生活を送っていた時の作品なのだ。検索したら、「アルフレッド・シスレーの作品」というサイトがヒットした。紹介されている作品はどれも良い。

 後記になるほど印象派の質も落ちたように見える。印象派特有の点描も荒かったし、雑で手抜きな絵にも感じた。今でもピカソやシャガールは日本でも人気があるが、私的には双方とも好みではない。シャガールの作品にはやたら空中浮遊する恋人が描かれており、全4点のうち3展までがこのパターンの恋人たちが登場している。
 展示№68「町の上で、ヴィテブスク」の作品解説には、浮遊する恋人はシャガール自身と最初の妻とあり、「最初の妻」というのが気になった。友人もこの表現に注目し、ひょっとして後で別れたのでは……と2人で想像し合った。ワガママで束縛の強い芸術家の結婚生活は破たんしたのやら、とも邪推してしまう。

 wikiで見たら、確かにシャガールは最初の妻と別れている。しかし、妻は病死したので死別だった。作品が制作された1915年は、妻と結婚した年なので、ラブラブの時に描かれたのだ。尤も最初の妻の死後8年後、60歳代で彼と同じくユダヤ系女性と再婚しているので、やはり“愛の画家”なのだ。

◆関連記事:「ゴッホの《ひまわり》展

よろしかったら、クリックお願いします
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 歴史ブログへ

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒隊長ジョヴァンニ | トップ | 虫嫌い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。