トーキング・マイノリティ

読書、歴史、映画の話を主に書き綴る電子随想

女が髪を染めるワケ

2017-06-09 21:40:08 | 私的関連

 中高年女性の髪の悩みは、何と言っても白髪だろう。スーパーやドラックストアでは白髪染め専用商品がズラリと並べられ、それを買う女性は絶えない。年の割には白髪の少なかった私も、ついに2ヵ月ほど前、近所の生協から某メーカーのカラートリートメントを購入した。当日はヘアカラーが2割引きだったため、迷った末に大手化粧品メーカーS堂の商品を買った。
 化粧品情報サイトでは常に上位にランクイン、評価が高かった品ではあるものの、この種の書込みはステマも相当あるはず。一般人を装い、メーカー社員が書き込んでいることも考えられる。尤も使用感は良かったし、宣伝通りにふんわりと仕上がった上、前より白髪が目立たなくなったようで満足した。但し、これは個人差がある。

 実は髪を染めたのは今回が初めてではなく、若気の至りでオシャレ染めをしたことがある。そのことは2014-12-20付の記事で書いたが、記事には次のコメントがあった。

Unknown (通りすがり)
2015-01-14 03:00:47
マイナー好き、オシャレ染めww
久しぶりに激イタブログに当たりましたw

髪の色で似合うファッション等変わってくるのは事実ですけどね。
ヘアカラーやスタイルごときじゃどーにもならなかったブサイクさん可哀想w
今どき男の為にカラーリングしてる子いませんよ?お婆さん♪

 典型的なアラシであり、私はネットを徘徊する特亜ネトウヨ雑魚から“歴史系ネトウヨブロガー”扱いされているため、この類の嫌がらせはたまにある。実はその前日、2013-02-18付の記事にタイトルなしの名無しで以下のコメントがあった。

Unknown (Unknown)
2015-01-13 22:52:54
なつかしいーです反仏運動。ただ田舎の学生だった私のまわりでもおきました。
仏製品の非購入運動。その当時多かった仏製や仏ブランドの化粧品や服は買わないといったものでしたが。
おそらく女性主体の運動だった気がします。規模はちいさかったが、それなりに受け入れられてたと思いますね。

 コメントなどあまりない、ここのような弱小ブログの2年近くも前の記事への名無しコメから僅か4時間近く後、“通りすがり”による書込みは偶然の一致とは思えない。仮に名無しと“通りすがり”が別人だったとしても、前者は明らかに中年、後者の年齢は不明だが、平日午前3時にアラシをする者である。ニートの若者か、リストラされ、ネットで鬱屈を晴らすオッサンと疑われて当然なのだ。
 BBAブロガーゆえ、私も思う存分罵倒レスをした。何処に男の為にカラーリングしたと書いた?女が髪を染めるのは自己満足が殆どだし、男の為ではないけど、この程度も知らない?そもそも男の為にカラーリングという発想自体、古臭すぎ。ひょっとして、キミ自身がお爺さん?キミが何歳か知らないけど、生きていれば間もなく年寄りになるよ等々…

 但し“通りすがり”ならずとも、男の中には女は男の為に髪を染めている、と思い込んでいる者も少なくないのではないか?確かに夫や彼氏のために髪を染める健気な女はいるが、むしろ少数派のはず。女が髪を染めるのは実は男のためではなく、同性を意識してのことなのだ。自己満足と他の同性への対抗心が殆どである。
 女のことは女がうるさいのは書くまでもなく、白髪のままにしておけば、とやかく言わない周囲の女たちはまずいない。米大統領ブッシュ(父)夫人バーバラは白髪がトレードマークだったが、散々髪を染めろと言われたそうだ。まるで夫の母のようだ、とも言われたという。それでも染めなかった夫人も頑固だが、面と向かって言わずとも、陰で髪も染めない、つまり暗に身なりに構わない女と揶揄されたりする。

 髪を染める動機については、男も同じではないか?女のためや女の子にモテたいがために髪を染める男は殆どいないと思える。これまた自己満足と同性を意識した感情があり、金髪豚と謗られても茶髪を貫く著名人もいる。それを見苦しいと思う人も少なくないだろうが、当人が満足しているのだから、止めさせることは出来ない。

 似合う、似合わないはともかく、年をとってもオシャレを楽しむのは素晴らしいと思う。「お洒落をしなくなったら、人間お終い」と言っていた知人もいた。
 先日街で、髪を緑や紫色に染めた2人連れの老女を見かけた。どう見ても60代にはなるようだが、東北の街でこのような老女は珍しく、思わず振り返って見たほど。当然服装もド派手だったし、果たして何者だったのやら。

◆関連記事:「あぁ、金髪症候群

よろしかったら、クリックお願いします
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 歴史ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浮世絵ねこの世界展 | トップ | 新聞、ТVに出ている人だから…... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毛染めばーさんも…… (のらくろ)
2017-06-11 13:29:04
>先日街で、髪を緑や紫色に染めた2人連れの老女を見かけた。どう見ても60代にはなるようだが、東北の街でこのような老女は珍しく、思わず振り返って見たほど。当然服装もド派手だったし、果たして何者だったのやら。

少なくとも、「げんぱついらない いのちがだいじ」などとシュプレキコールを太鼓叩いて街中の交通障害になるような「行進」に加わるような類のものではなかろう。

昨今の「騒ぎ」関係の大事なことです↓
ttps://www.youtube.com/watch?v=FGLBkrMbv-8

東京キー局、大新聞はスルーのようだが、まさか河北がスルーはしておるまいな?

とにかくあの参院選で、岡崎トミ子を落として、この方を選出した宮城県民はGJ!
Re:毛染めばーさんも…… (mugi)
2017-06-11 22:54:39
>のらくろ さん、

 髪を緑や紫色に染めた老女の正体は不明ですが、私は芸能人か水商売関係かと思いました。しかし、「げんぱついらない いのちがだいじ」などとシュプレキコールを太鼓叩いて「行進」に加わる類には、毛染めばーさんもいたのですか??そういえば、紫オババこと浜矩子センセイ、宮城県生協の招きで、6月8日に講演会を行なっていました。
http://kenren.miyagi.coop/katudou/vat/news/no59.pdf

 和田政宗議員による質問、河北も完全にスルーですよ。私も九州のブロガーの記事で、初めて知った有様。岡崎トミ子は目出度く昇天しましたが、7月の仙台市長選、郡和子が出馬表明をしているので頭が痛い。河北は早々に郡を大きく紹介、他の候補は取り上げない。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170609_11007.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私的関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。