つくばあそび 呟き部屋

取るに足りない瑣末事を面白おかしく楽しみたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生き物の幾何学的造形。

2006年07月05日 20時14分52秒 | 日々徒然

 

 トンボの翅をよーく観察すると、線と線がつながって全体的なフォルムを形成し、その間を4~6角形の小部屋が埋める構造をしていることがわかります。 軽くて、しなやかで、そして強い翅はこのような造形を通じて実現されているのでしょうか。 進化の妙技ですよね~!

 生き物の作る造形というのは、このように精緻な構造をしているわりには個体差があり、微妙な自由度があるように感じます。 トンボの翅でも植物の葉っぱでもどれも同じように見えて個体差がありますよね。 人間の顔だって目・鼻・口の作りは同じでも人によってそれぞれ微妙に異なります。 不思議な感じ。

 このような生き物の造形がどのように「A T G C」の4文字から成る暗号に変換され、ゲノムに格納されているのか? 非常に興味深く、そして難しい問題です。 あえて言うなら、、、うーん、、、、、スゴイ、の一言です(笑)

 

 

※この記事はZacco さんの記事に触発されて書いたものです 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爬虫類今昔。 | トップ | カーステレオ(体温調節機能... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に凄い!! (Zacco)
2006-07-06 19:45:04
麦さん、私のブログに遊びに来て下さり、

TBまでして戴き有難うございます。



前回も遊びに来させて戴いたのですが、

過去記事が面白くて、

読んでいる内に満足して

コメントを残すのを忘れていました。

申し訳ありません。



昆虫の羽根も幾何学模様なんですよね。

羽根の模様に個体差があるなんて思いもせず、

何気なく見ていました。

改めて写真を見せて戴き、感動しました。



また記事を拝見しに伺います。

今後とも宜しくお願い致します。<(_ _)>





何気ない存在 (麦)
2006-07-06 22:59:53
Zacco さん、こんばんは。コメントありがとうございます!



当たり前すぎて気づかずにいるものって多いですよね~。私もトンボの翅の模様に気がついたのはZacco さんの記事があったからこそです。



読みにくくて顰蹙な記事を書いておりますが、今後ともよろしくおねがいします。また、そちらにもお邪魔させていただきま~す

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL