盤上の悪魔

囲碁、哲学(人間原理、相対主義、プラグマティズムとか)、ラノベなんかを中心にしてます。

囲碁NHK杯 内田七段VS安達四段

2017年07月23日 14時48分41秒 | 囲碁
今日のNHK杯は内田修平七段VS安達利昌四段。

内田七段は、新人王を獲得したこともあり、期待の若手のイメージがあったが、リーグ入りもして、10代棋士の活躍も著しい中、そろそろ中堅と言われるようになりそうだ。


対局は白内田九段が地で大きく先行し、黒安達四段が攻めに回る展開。


白は中央、右辺、上辺と無難にしのぎ、黒は手厚く打って攻めるものの、特に何もできずにそのまま寄せに入る、厚い碁の負けパターンに。

ヨセでも特に何も起こらずに白中押し勝ち。

初出場の安達四段は実直な感じの着手で個性はだしたものの、結果にはつながらなかった。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終末論法の知的観測者の数え... | トップ | ホモサピエンスは知的観測者... »

コメントを投稿

囲碁」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL