盤上の悪魔

囲碁、哲学(人間原理、相対主義、プラグマティズムとか)、ラノベなんかを中心にしてます。

囲碁NHK杯 苑田九段VS三谷七段

2017年07月16日 17時41分12秒 | 囲碁
今日のNHK杯は、苑田勇一九段VS三谷哲也七段。

三谷七段は31歳、これまであまりぱっとしたところはなかったが、昨年リーグ入りでNHK杯に出場。

大器晩成型か、確変か、今後の活躍が注目される。


対局は黒苑田九段が模様を張る展開、白三谷七段の下辺の打ち込みに、黒いきなりつけていく。

黒は下で生きるが、白も上に攻められにくい形を作って、白がややうまくやったかと思ったが、解説本田九段によると、いいわかれ、とのこと。


むしろ右辺の白の攻めがあまりうまくいかなかったようで、局後の感想によると、白が右辺に2手打っている間に、黒も上辺の白を割って地を潰すが、黒の壁石の眼形が薄くなり、切りもできて、ここで白が優勢になったとのこと。

その後も白危なげなく押し切り、中押し勝ち。


それにしてもNHK杯、ここ数局は、ワンサイドゲームが続いている気がする。

そろそろ逆転に次ぐ逆転、どちらが勝っているのかさっぱりわからない、みたいな碁も見たくなってきた。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知的観測者をどう数えるか  | トップ | 終末論法の知的観測者の数え... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL