盤上の悪魔

囲碁、哲学(人間原理、相対主義、プラグマティズムとか)、ラノベなんかを中心にしてます。

囲碁NHK杯 趙善津九段VS藤沢女流本因坊

2017年05月14日 21時52分30秒 | 囲碁
今日のNHK杯は趙善津九段VS藤沢女流本因坊。

解説は一力七段。

一番自然な手を示すオーソドックスな解説をそつなくこなし、まだ十代のはずだが、聞き取りやすい声にカメラ目線で、すでにベテランの味を出している。


対局は、左辺で白藤沢女流本因坊が虎口を脱したあとに、黒趙九段の見損じがあったようで、黒の要の2子が抜けてしまう。

攻められる立場だったはず白が左下に連絡して強くなり、中央の黒石も切り離されて弱くなり、白が優勢になる。


しかし、左辺の石の目を取り、さらに右辺で地で頑張ったため、中央の白石が完全に切り離され、アタリを逃げない非常手段で目を奪われて取られてしまい投了。


局後の検討では、趙九段と一力七段ばかりで会話していて、少し笑ってしまった。

ベテランと若手の対局で、解説者もベテランだと、若手があまりしゃべれずにベテラン同士で会話するのはよくある光景だが、一力七段、まだ十代である。

このあたりにも出ている一力七段の存在感が印象的だった。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 囲碁NHK杯 山城九段VS... | トップ | プロ野球選手と終末論法 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL