虚空見つ国・・・終わりなき物語

遥か古代からの遺伝的エトランゼ。
一人だけの幻想国開拓日記。

円滑現象・非円滑現象

2017年06月30日 | Weblog
私は結構な運命論者ではあるが、本当にこれは何の運命か、
どういう方のどういうお導きか、と思う時がある。

雨風でふるい落とされた葉っぱを掃き集めつつ、
空楽さんを知り、空楽さんの秘密を共有し、弟子の方と知り合い、
またその方の弟さんが、四国八十八箇所詣りの取材を受けた時に間に合い、
それが奇縁のように、その弟さんが我が会に現われ、
誕生日に同じ夢を見、職業を当て、というようなことが次々に起きたことを思い出した。
これは空楽さんつながり。

矢野祐太郎を読んでいた時に龍神会の人達が現われ、
農業青年を探していた時は、能勢から青年が現われ、と、
そうそう道教の時はOさんが現われ、
園頭師の時はまーろくでない師の会の人達まで現われた。

こういうのはどういう波動を互いに発しているのだろうと、
それは電話の受信音を震わせる者達や、輪唱する者たちとは違う波動なんだろうか?

あれらがその頃必要な知識の為の円滑現象だったのなら、
何も起こらない今は非円滑現象の中にいるのだろうか?
Oさん言うように、私の自覚や覚悟の問題だったのだろうか?
維摩様への道は険しい。

昨日は難病を治す寺のパンフレットや散華。
紅卍や大本長正殿のパンフや修行書。
色んなものを半分くらい片付けた。
そして久しく放置していたダヤマタ先生からのメッセージや、
ホーン・ソー行法のパンフレットを写真の前に置いた。

今更ながらだが、運命はあると思った。
ヨガナンダジは59歳だった。
日本では60歳は還暦なのだ。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱力ということ | トップ | 師を仰ぐ »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL