虚空見つ国・・・終わりなき物語

遥か古代からの遺伝的エトランゼ。
一人だけの幻想国開拓日記。

ただ生まれ、ただ生きて

2017年01月30日 | Weblog
芦生の森は素晴らしいといつも思っていたが、そこに住む二郎と名付けたツキノワグマを毎年追っている人の話があった。そこでツキノワグマが子殺しをする場面をカメラがとらえていた。
人間だけでない、どんな野生の動物でも赤ちゃんは愛らしい。愛くるしい。子供を二年も連続殺されて、力なくもう横たわるだけの母熊の絶望の姿が痛々しい。もっと穴に隠れていればいいものを、餌を求めて歩いたが故。いやいや、子孫を残すことを植え付けられた雄熊は、そうでなくても、そのうちその穴も見つけ出してしまうのだろう。去年二郎はもう現れなかった。どこかへ移動したのか。。。

昨日はアフリカのライオンの親子のことをやっていた。砂漠を一年間潤すほどの雨が一どきに降り続いた後の、水の中、ぬかるみに足をとられながら、獲物を求めて歩く空腹のライオンの親子。このまま何も食べられなければ赤ちゃんは一週間の命なんだそうで、もっとも難敵といわれる動物に挑んで失敗する親ライオン。動物の名は忘れた。鋭い大きな曲がった角を持つ動物だ。

私は動物は苦手だし、好んでそういう動物の話を見る者ではないが、天候の急変で何日も食べられない動物が、赤ちゃんを連れて必死の狩りをする姿を見ると、ついチャンネルの手が止まる。
いつだったかはテリトリー内の水がすっかり干上がって、水を求めてやむなく移動した動物の姿をカメラが追っていた。他動物のテリトリーに入って行った者は危険極まりない。そのうえ、動物の掟は厳しい。
まだ幼い子供であっても、母親が助けることは出来ない。
ある日、しんがりを歩く子供は、とうとう狩りの最中、敵に後ろ足か、尻尾のあたりかをやられてしまった。それでも子供は仲間の群れに必死でついて行こうとする。母親は心配そうに時折振り返りはするけれど助けには行かない。動物は自分で歩かねばならないのだ。
子供はだんだん群れから遅れていった。どんどん皆から遅れ、ついには姿が見えなくなった。それでも子供は必死に足を引きずって歩き、どんなにか綺麗な目で、どこか笑っているようにさえ見える顔をして、、、、、、やがて荒野で息絶えた。

その話を人にする時は、胸が締め付けられて、最後までうまく喋ることが出来ない。
動物はただ生きるために食べ物を探す。ただ食べるものがあり、ただ寝る所があり、子孫を残す為だけに生き、怪我をしても、病気をしても、この世に残すのは子孫だけで、何叫ぶだけでなく息耐えていく。
足ることを知る、生である。


昨夜も深夜に芦生のツキノワグマを撮り続ける熊カメラマンのことをやっていた。フィルムの使いまわしだけど。
じろうは正しくは次郎らしい。訂正。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奨励政策 | トップ | 大祓詞を踊り謡う »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL