うなぎなう

あなたが笑ってくれると、オレはとても嬉しいです。
じっくり読んで、笑いましょう。

「一太郎2016」への不満。

2017年02月06日 | 作品
オレは、昨年ワープロソフトの「一太郎2016」を買った。
かなり迷ったのだが、原稿を綴る(つづる)のに、「ワード」よりも「一太郎」の方が使い勝手が良いという、一部の情報を信じてからの決断であった。
しかし、この「一太郎」の販売元の「(株)ジャストシステム」のサービスが悪い。
サポートサービスの電話番号が、フリーダイヤルでない上に、つながらない(呼び鈴だけが鳴り響く)のだ。
やっとつながったと思ったら、今度は詳しく相談する前から、不機嫌そうな態度をとる。
オペレーターが調べる時間はもたもたとしていて、刻一刻と通話料金は加算されていく。
東京と大阪だけでなく、名古屋にもサポートセンターを置け!と言いたい――勿論、おかけの電話番号はフリーダイヤルで――。
インターネットとワープロにパソコンを使うだけのが目的なら、ワープロソフトを現在使用のパソコンにインストールすることよりも、アップル社のMacに買い換えることを検討すべきだったか、と悩み始めている。

3年後2020年の東京オリンピック開催まで、オレは、芸能界に入らず、一般社会で潜伏して活動するつもりである。
そのときまでに、なにか、芸能界入りの手土産になるものを今、オレは探しているのかもしれない。

執筆(50枚小説)は、できそうでできない。
むしろ、執筆は「(幻聴で)するな」と言われているぐらいだ。
Macに買い換えるのにも、へそくりと相談せねばなるまい。
マンガやDVDでも、欲しいものがたくさんある。
無駄遣いは避けたい。

オレがやりたいことって、執筆する以外に何があるんだろ? 
女性とは、「収入が安定するまでは付き合わない」って決めてある。
マンガは、漫画家になりたいためではなく、映画のコマ割りの参考になるような気がして、心服(しんぷく)した人の作品を集め回っている。

タイム・アァップッ!
果たして、そのときオレは、何者でしょう!?

『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩Vol.6 罪人(つみびと)。 | トップ | 人間にとって、「死」の恐怖... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品」カテゴリの最新記事