うなぎなう

あなたが笑ってくれると、オレはとても嬉しいです。
じっくり読んで、笑いましょう。

男と女のLoveゲーム。

2017年03月20日 | 作品
異性と仲良くなりたいとき、キミならどんなふうに話しかけるだろう? 
女性は男性と比べて、最初、印象が固いというのが一般的な常識だ。
比較的、男の扱いに慣れているはずの風俗嬢でも、やっぱり初対面の印象は固い。

「私は、あなたのことが知りたい」

大切なのは異性に、このメッセージを会話の端々で立ち上らせることである。
そして、「オレはいい男、きみはいい女(映画「スパイダーマン」より)」という結論まで伝えることが出来たなら、じゃじゃ馬で名の知れた風俗嬢であっても、その心はすでにキミのものだ。

ひげの濃い男性は、女性と会うことになったら、出来うる限りひげを剃ることを勧める。
ひげ面は、女性に嫌われる。
密着したときチクチクするからだ。

そう言うオレは、そろそろ更年期か。
オレにとって、風俗の話は、もう「タイムカプセル」扱いであるようだ。
だって、欲をかいて「赤まむしドリンク」なんて飲んだせいか、朝立ちもしなくなってきた。
性欲減退な男なんて、男のくせに「アルマジロ」じゃなくて「あるまじき」形容。

とうとうオレも、セックスレスの小径(こみち)に迷い込んじまったぜ…。

こんな事を言うと嫌われそうだけど、オレはもう、性風俗の店には行かないと思う。

(かつてオレが高校生だったころ、オレは友達に「オナニーなんてしたことがない」って豪語していた。ふざけてでもなくマジメに。モテるからというわけではなくウブ面で。その方が異常なのに…。内省的に問題のある青年でした。――こんなエピソードって、かっこ悪いし言いたくない。でも「言ってくれ」って言われた、幻聴に。オレは、どこまでが純粋に自分の文章能力なのか、自分でも計りかねている。)

ジャンル:
夜遊び
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メモ様、神様、仏様。 | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。