うなぎなう

あなたが笑ってくれると、オレはとても嬉しいです。
じっくり読んで、笑いましょう。

メモ様、神様、仏様。

2017年03月13日 | 日記
以前、オレは毎年、日記帳・メモ帳代わりに、小型の手帳を携帯(電話のことではない。所持しているという意味で)していると言った。
だが、人生のビギナーであるキミたちは、どのようにしてその手帳を活用していけば良いのやら、はたと困るかもしれないと想像する。
そこで、春うららうら若き女性のみ、スキン湿布(=スキンシップ)して教えるのが好きなこのうなぎが、もう少し、「えいやぁっっ」とばかり一肌脱ぎやしょぉぅっ!

例として使用するのは、ダイゴーの手帳 E1020である。

まず、適当なところで開いて左側は、1週間分ずつの空欄。
オレの場合、2017.12.14の欄には、ローソンクリスマスチキン予約、TVブロス350円、と書いてある。
ここでは、簡単にその日一日の特筆すべき出来事などを箇条書きにすることにしている。
あとから見て思い出せるように、たくさんその日したことをキーワード化して書いてもいい。

開いて右側の、広い罫線欄には、例えば「レビュー、カテゴリー、シナリオ(脚本)」とあったりする。
言おうと思っても、すぐに出てこぬ情けないカタカナ言葉をメモした。
他に、「復古創新(ふっこそうしん)」と電子辞書に載ってない四文字熟語が書いてあったり、店員の対応要確認「お待たせしました。こちら○○になります」というような記述もある。
これは、自分がもし飲食店でアル「バイトするなら、タウンワークって言っちゃえよ…(松本人志のタウンワークのCMより)」ではなくて、ウェイターはどのように食べ物を給仕するのかと疑問に思ったためにそういう書き込みをした。

情景描写や、発作的アイデアなど、この右側の欄は自由に自分で利用されることをおすすめしたい。

後になってから、そのメモの断片をつなげると小説なんかになったりすることもあるのだっ。
元々、忘却の機能を備えたヒトの脳に対抗するための、ありがたいメモの効能である。

ジャンル:
ネタ帳
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩Vol.7 Fighting 東北。 | トップ | 男と女のLoveゲーム。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。