うなぎなう

あなたが笑ってくれると、オレはとても嬉しいです。
じっくり読んで、笑いましょう。

ランドセル・テロリズム ⑤。

2014年09月29日 | 作品
近条は、隣組のその活発な女子――女子の学年長でもある虹村とは、廊下でふたことみこと、話したことがあるくらいだった。
「なに? って言われても、遠くで近条君が自転車に乗って、私と同じ方向に行くのが見えたから、あっそうだ、声かけよう、と思って」
きっと、本当にそうなのだろう。
近条は、自販機の方にふりかえると、スポーツドリンクのボタンを押した。
ガッタン。
出てきた缶ジュースを取り出すために、少しかがむ。
耳まで真っ赤になっているのが、自分でも分かった。
「あっ、これゲームでしょ? なんて名前? 」
いつものように、近条は辟易(へきえき)してしまうのだけど、男子女子問わず、元気なのはみんな、ずうずうしい一面を、もっていると思った。
虹村は、勝手に近条の自転車かごに入っている、先ほど買った新しいゲームソフトを凝視していた。
「巨人兵が村を作るゲーム」
しかたがないので、ひとこと添えてやった。
「知ってるそれっ!村の人のお願いごとを、つぶさに叶えてくれるのでしょ。もう村人は、毎日が給料日だとか誕生日みたいなんでしょ? 」
「ちょっと違うような気もするけど、まぁ、モノの解釈は、人それぞれだから……」
「おもしろそー。私もそれやりたい」
ドキドキした。
「いいよ。厳太君の家で、今度ゲームすることになってるし」
「厳太たちとかと、仲いいわけぇー」
リアクションが早い。
厳太の名前を出して、なんだか自分は全然、男らしくないと思った。
「厳太ってのが曲者だけど、もうすぐ春休みだし、楽しみにしてるわ。他の子も呼ぼうかしら? 」

えらいことになったと、近条は思った。
とりあえず、黙ってうなずいた。
厳太になんて言おうか、悩み事がひとつ、増えたと思った。
「じゃ、来週。また、学校でね」
虹村は、勢いをつけて、自転車をこいで行った。
車や電信柱にぶつからないように、近条は、自分の家がもっと近くにあれば良かったのに……。
そう思って、家に帰った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加