無駄良品

幼い頃から無駄遣い大好き。 そんな私が愛してやまない『良品』たちをご紹介します。

ちくわパン

 | 【食品】編
---------------------------------------
■商品名:ちくわパン
■購入場所:ダイエー
■購入時期:2007年2月
■購入価格:70円(100円の30円引き)
---------------------------------------

ついに、体を張るときがきました。



その名も、ちくわパン

その名のとおり、ちくわが入ったパンです。
値引きシールで隠れている部分には、
「チーズクリームの入ったちくわを
 まるごと入れたパンです。」
と、あります。
まんまじゃねーか・・・。

なんでパンにちくわ入れちゃったの?
お前会社潰す気か?
と、問いただしたくなるような、奇抜すぎるブツを世に送り出したのは、老舗パンメーカー、フジパン
なぜか昔から民話の普及にチカラを入れている、味わい深いメーカーです。

「誰が買うんだ?こんなモノ」と、世の中の大半がツッコミそうなモノこそ、無駄良品。
その王道を行くようなちくわパン。
これを買わずに何を買う!?

そうして自分を鼓舞して購入したちくわパン。
とりあえず開けてみます。



見た目はわりと普通。
上にかかっている黄色いクリームは、どうやらチーズクリームのようです。
パン部分は、見た目はコッペパン風ですが、実際はけっこうバターリッチなカンジがしますので、バターロールのような生地を使っているのかもしれません。



赤い印の部分が、問題のちくわです。
中を割ってみましょう。



うわぁーん!本当にちくわだぁー!!(涙)


ちくわの表面の茶色い皮が、周囲のパン生地にしっかり密着していて、ちくわとパンが見事に融合してしまっています。
これじゃあ、トライするキモチが萎えたときにちくわだけを取り出すという回避策が使えないじゃないか・・・。

ちくわパンがここまで磐石の態勢を取っている以上、ワタシも心を決めないといけません。
もう、食うしかねぇ・・・。

実際に口に入れる前に、まさかの有事に備え、口直し用に牛乳とチョコレートを脇に備え、挑みます。
いざ、実食!!!


一口目。

モグモグモグ・・・

あれ?
意外と・・・



意外と・・・


悪くない。


自分の味覚に疑問を抱きつつ、二口目。

モグモグモグ・・・

やっぱり、

やっぱり、意外と悪くない。


決して「おいしい!」ではないのですが、意外と抵抗なく食べられるカンジ。
ちくわ独特のクニャクニャとした食感が少し気になりますが、チーズクリームのおかげで、味としては「あり」の範疇におさまっています。
たぶん、好き嫌いが分かれるとしたら、上記の「ちくわの食感」を受け入れられるかどうかにかかってくるでしょう。


思いのほか、新しい発見をもたらしてくれたちくわパン。
しかし、「もう一度買いますか?」と聞かれたら、「いやぁ、ちょっと・・・」という返答しかできないあたりが、食品としては致命的かもしれません。
また会えることはあるのだろうか・・・??

パンメーカーの商品には、このちくわパンのように、「お前本気かよ!?」とツッコミたくなるような商品がときどき出回ることがあるので、無駄良品フリークとしてはこれからも要チェックです。

このテのパンに会い見えるためには、パン売り場のセールワゴンで、ごく少数バラバラと放置されている値引き品を探すのが肝です。
もっとマトモな商品なら山積みになるはずなのですが、怪しい商品は、なぜか少数と相場が決まっているのです。(「無駄良品パン少数精鋭の法則」)

これからも、フジパンはじめ各パンメーカーのチャレンジャー魂に期待しつつ、ごちそうさまでした。
コメント (5)   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

未来を買いました

 | 【おもちゃ】編
---------------------------------------
■商品名:「未来ガシャX」
■購入場所:TSUTAYA前のガシャポン
■購入時期:2006年6月
■購入価格:200円
---------------------------------------

本当に、本当に、お久しぶりです。

実に、1年ぶりの更新でございます。
サボりまくってて、ほんと、スミマセン。

というワケで、1年ぶりの無駄良品。
今回は、「未来」を買いました。

「未来」、なんてスバラシイ響き。
夢がありますよね。
未来科学、未来日記(あったな。そういえば)、未来人類(by楳図かずお)・・・。
とにかく、「未来」と名のつくものには、人がまだ見ぬ夢がつまっているのです。

ワタシの未来がつまっているのはコチラ↓。


相変わらず、写真がピンボケでスミマセン。
1年経っても写真の腕は上がりませんでした。

ちなみに、こちらは「未来ガシャX」の説明書↓。

(こちらは少しマシ)

今をときめく五月女ケイ子さんのイラストがいいカンジです。


さぁ、ワタシの「未来」は、一体どんなことになっているのでしょう・・・?

個人的には、株か宝くじで一発当てて、豪邸に住んで執事を雇い、自家用ジェットで世界を飛んで無駄遣いをしまくり、気分次第でジャニーズのカワイイ子たちに出前主張で来てもらって、「やぁやぁ♪飲めや歌えやぁ~♪」的な、どこかの国の将軍様のような、酒池肉林な未来が理想です。

期待で胸はワクワク鼻息ブーブーの状態で、未来の詰まった缶を開けます。

カポーン!!・・・













裸族!!?


すでにイイ年こいているワタシに、今さら、「裸(ら)の人」になれと??
冗談キツイぜ、ケイ子さん。


たとえ200円といえど、わざわざ金出して買った「未来」がコレ。
同じ200円ならロト6買えば良かったYO!(゜Д゜)

・・・いやいや、そんな現実的なことを言っては、1年ぶりの「無駄良品」が泣きます。
無駄だからこそ、そこに夢があるのよ「無駄良品」。



ということで、これからも細々と運営してまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

くまハチミツ

 | 【食品】編
---------------------------------------
■商品名:クマちゃんハチミツ
■購入場所:メルカード・ポルトガル
■購入時期:2005年9月
■購入価格:790円(sale価格)
---------------------------------------

楽天のお店で買ったハチミツ。
このクマの容器がなんともいえずファニーだったので即買いしました。
どうやら、先日閉幕した「愛・地球博」で売る予定だったらしいのですが、船が遅れたか何かで遅刻してしまい、会場で売ることが出来なかった商品だそうです。

個人的には「遅刻バンザイ!」です。
もし予定通り日本に着いちゃってたら、「愛・地球博」の会場でサバかれて、私の手には渡らなかったワケで・・・、と考えると、本当に遅刻してくれてよかったです。そう思えるほど、これは気に入っています。

なにしろ、使い勝手がいい!
帽子のアヤシイ突起がハチミツの出てくる口なのですが、タレルこともツマルこともなく、毎回ちゃんとハチミツが出て来るところがいいです。
私は無類のハチミツ好きで、家には必ず常備しているのですが、世にあるハチミツの容器って、どうも使いづらいものが多いんですよね。わざわざハチミツサーバーなる容器を買っても、ビミョーにたれちゃったりするし。
その点、この容器はなかなかの優れモノ。クマのボディ部分が柔らかい樹脂で出来ており、これを押して中身を出すのですが、これもまた絶妙なプニャプニャ加減。うーん・・・、例えるなら、お好み焼き屋さんに置いてあるマヨネーズ容器のプニャプニャ感に近い感じ、かな?マヨネーズも然りですが、このテの粘度の高い内容物を押し出すのにちょうどいいプニャプニャ感って、やっぱあるんでしょうね。

肝心のハチミツの味ですが、これは好みが分かれるところかもしれませんね。
ハチミツフリークにとっては「おいしい味」なのですが、国内で主に流通しているレンゲハチミツの「クセのない美味しさ」に慣れている人にとっては、ややクセを感じる風味かも。このハチミツは、ローズマニーニョ(野生のラベンダー)から出来ているためか、やはり、やや野性味を感じる味わいです。

我が家では、私もダンナも気に入ってバクバク食べているので、買って1週間くらいなのにすでに半分くらいになってしまいました。なので、今は「顔面蒼白クマ」の状態になっています。↓

ちょっとコワイ。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

バナナゲーム

 | 【おもちゃ】編
---------------------------------------
■商品名:wooden balance GAME MOON FACE
■購入場所:東急ハンズ 横浜店
■購入時期:2005年4月
■購入価格:1,000円くらい
---------------------------------------

木製のゲームです。
この不安定なバナナ型に、これまた不安定な○や☆のブロックをのせていきながら、バランスを保つ、というゲームです。複数人で順番にサイコロを振り、出た目の形(サイコロに○や☆の形が書いてある)のブロックを積み、崩した人の負け、というルールです。

こんな袋に入ってました↓


この袋にホレて買ってしまったのですが、これがこんなにもワタシを苦しめるものになろうとは、そのときには夢にも思っていませんでした。

これで遊ぶ場合、遊び相手はダンナしかいないワケですが、このテのゲームは、ダンナが妙に得意なので、いつも負けてばかりなのです。
ワタシは上手くバランスを保つことができず、バナナに積まれたブロックたちはすぐに崩れてしまいます。また、サイコロ運が悪いらしく、「こりゃー積めねぇだろ・・・」という形の目ばかりに当たってしまいます。
まぁ、所詮ゲームですから、負けるだけならいいんです。負けるだけなら。ワタシも大人ですから、ゲームで負けたことくらいでガタガタ言いません。

問題は、このゲームに「『労働』が賭けられている」ということです。

『労働』はその時々によって変わりますが、主に「お風呂洗い」とか「食器洗い」といったところです。
これは大変な重労働。(ワタシにとっては)
ゼッタイに負けられない賭けなのに、いつもいつも負けてしまう。
不思議なことに、金を取られるよりも悔しいのです。

「次こそ勝つっ!」という決意を胸に、こっそり自主練してたりするのですが、未だに勝てません。
ワタシにとってのダンナは、永遠のライバルです。花形満にとっての星飛馬のように・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶたラジオ

 | 【雑貨】編
---------------------------------------
■商品名:不明
■購入場所:スペインの雑貨屋さん
■購入時期:2003年
■購入価格:2,000円くらい?
---------------------------------------

新婚旅行で行ったスペインで一目ぼれ。
正直、こんなスバラスィ出物はめったにない!
今まで生きてきた中でいちばんいい買い物をしたのではっ!?
・・・と、今でも本気でそう思っています。
見つけたときは、あまりのウレシさに
「おわあぁー!!なんじゃコリャー!!スゲー!スゲーッ!!!」
と大騒ぎする怪しい東洋人と化してしまい、スペイン人の失笑をかいました。

視線の定まらないツブラな瞳、ビミョーに笑っている口元。
見た目も十分ファニーですが、さらにファニーな機能が!
なんと、ラジオの音声にあわせて口が動くのです!!
腹話術の人形のように、下顎だけをカクカクさせているのですが、
音声の状態によっては、カカカカと震えるように動くことも可能。
意外に作りが細かいのです。

海を渡り、大切に大切に運んできたぶたラジオですが、
やはりいちばんの心配は、「日本の電波を受信できるか?」でした。
緊張しながらスイッチを入れてみると、どうやら電波を受信している様子。
やった!何が流れているんだ?とボリュームを上げてみると・・・、
「♪アイラビュウゥ~♪オゥケェィ~♪」
そう、矢沢。あの、矢沢。
このぶたちゃんが、口をカクカクさせて、YAZAWAを熱唱。
腰が抜けそうになりました。

その後たびたび使用したところ、どうやら、AMラジオなら
なんとか受信できる模様。
ただ局があまり定まらず、NHKのときもあれば、ナゾの局のときもあるのです。
気まぐれなぶたラジオ。
いつかまた、得意の矢沢を披露してほしいものです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モーレツ・ラリー・ボーイズ

 | 【おもちゃ】編
---------------------------------------
■商品名:「卓球少年・マナブと何とか(マモル?)」
■購入場所:宇宙百貨 北千住店
■購入時期:2004年5月
■購入価格:1,500円くらい
---------------------------------------

ブリキのお人形さん。
ツウぶって言うと、ティン・トイっつーことか。
ぜんまいをキコキコ巻いて彼らのラリーの様子を楽しむおもちゃ、ですが、
あなどるなかれ。
彼らのラリーはまさに「モーレツ」。

コチラがその模様
↓↓↓↓↓↓


あまりのラリーのはげしさに、上半身がもげそうです。
ヤバイお薬がキマっちゃってる人もビックリのトランスぶりです。

そして、このキッチュなたたずまいからお分かりの方も多いと思いますが、
このおもちゃは立派なメイド・イン・チャイナです。
さすが卓球王国・中国!!
超人的な球速です。

でもこの二人のボーイはどうやら日本人。
商品名が「卓球少年・マナブと○○(マモル?だったかな??)」。
ひょっとして卓球少女愛ちゃんみたいに、中国に卓球武者修行に出ているのかも。

個人的には、のけぞり気味の背番号16番のコを「マナブ」、

ウツムキ加減の背番号21番のコを「マモル?(名前忘れました)」ということにしています。


フシギな話なのですが、ラリーが終了したあと(=ぜんまいが切れたあと)、
うつむいているのはいつも「マモル?」なような気がします。
素人目には分からないけれど、「マモル?」はいつも「マナブ」に負けているのかもしれない。
ガンバレ!「マモル?」!!(名前はどうしても思い出せないけど)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激音!鉄道模型クロック

 | 【雑貨】編
---------------------------------------
■商品名:LIONEL社 鉄道模型クロック
■購入場所:通販
■購入時期:6年前
■購入価格:5,000~6,000円くらい
---------------------------------------

私が社会人1年生だったとき、はじめて支給されたボーナスで買った迷品です。
道楽グッズばかり扱っている某社の通販カタログで見つけて一目ぼれし、即購入。
鉄道模型を扱っているアメリカのLIONELという会社の製品だそうです。

コイツの場合はとにかく音がスゴイ!!
セットした時間になると、「ブオオオォォォー!!」という激しい汽笛をあげ、汽車が爆走。あらかじめココロの準備をしておかないと心臓とまりそうになります。マジで。
そして、「シュッシュッシュッシュ!」と景気良く走る汽車の音に混じり、時折「カンカンカン!」という踏み切りの警笛まで聞こえてくるソツのなさ。
音を止める&汽車を停めるためには、中央の「LIONEL」というロゴボタンを押すのですが、押したとたん、オッチャンの声で「Good morning!All aboard!」というこれまた景気の良い絶叫が。(おそらく「出発進行!」とかそんな意味じゃないかと)

とにかく、目を覚まして時計を止めるまで、爆音に次ぐ爆音の連続。
「こいつぁ朝から景気がいいぜ!」などと元気が出るはずもなく、朝から心臓はバクバク、そして一気に怒りがわきあがる、血圧に悪そうな目覚まし時計です。
「起きれりゃなんでもいいんだよ」ということでしょうか?
目的遂行のためには手段を選ばない、この時計の故郷である某国ならではの理論ですね。
そういえば、「暴走機関車」というのも象徴的です。

ちなみに、この汽車が走るのは「Lionelville」という仮想空間。(ライオネル村ってことなのかな?)
人口3人、郵便局と役場と切符売り場だけの小さな街。
しかも切符を売るのは、「千と千尋の神隠し」出演のスター「カオナシ」のそっくりさん。
↓↓↓↓↓

(接写に失敗して写真ボケました)

シュール&シュールなこの目覚まし時計。
現在はダンナの起床に尽力してくれています。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加