イスラミック・ブルー

スペイン、エジプト、イラン、トルコ、チュニジアへ、イスラミックな旅へ。
スペイン/地中海レストランガイド

イスタンブール

2008-05-03 23:20:34 | イラン・トルコ編

  モスクの前で待ち合わせるのは夜。
  月夜の晩に、ジャスミンの香りが漂う。
  金角湾に浮かぶ、白い薔薇の花びら。
  ヨーロッパの終着駅、イスタンブール。

  青いタイル。
  大粒のエメラルド。
  金縁の小さなチャイのグラス。

  影。
  忍び寄る人影。
  花陰に見える血の色。

  スークの奥、迷宮。
  バス。
  逃避行のあと。

  秘密の匂いは、月夜の晩に、薔薇の香りがする。
  それがイスタンブール。

  小説の読みすぎ?
  陶酔癖?
  思い込みは、真実への入り口。
  夢は正夢。
  棘の道、暗い道、逃避の先にある光。
  針の先ほどの光こそ、甘く輝かしい未来。

  イスタンブール
  アジアの玄関。
  私にとって、ここは終着駅?
  それとも、新たなる未来への玄関?
  ハドリアヌスの魂は、ここでも私を待ち受ける。




  写真:『シャガール』2007折り紙作品
  

 


 


人気ブログ検索 - ブログフリーク 人気blogランキングへ

『中東』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異邦人 | トップ | 月と薔薇と青の世界 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えーん (miecita)
2008-05-04 09:28:42
郷愁を誘うような文句は今の私には厳禁です

しくしく・・・
miecitaさん (aoi)
2008-05-04 21:44:25
あきらめるにはまだ早いですよ。
神のお導きはきっと…!
さて、近頃の私の記事は伏線になっているのか?
さ~て、さ~て。お姉さまも登場人物になりますように!(笑)
香り (オルサ)
2008-05-05 02:53:47
私が抱くイスタンブールのイメージは、何ヶ月も前に読み始めてから、幾度も中断してなかなか進まない「イスタンブール―思い出とこの町」(オルハン・パムク著/「わたしの名は紅」の作者)の影響で、甘く切なくほろ苦い憂愁に満ちたものとなっていました。
aoiさんのお陰で、そこに高貴な花の香りが加わり、香りで脳が覚醒し、イスタンブールの光や色に心躍る気分を少し味わえました。
オルサさん (aoi)
2008-05-05 22:00:14
読みたいのに、なかなか進まない本ってありますね。私の世界にシンクロするような、イメージを膨らませるものがあったら嬉しいです。
しかし、イスタンブールと言うのは、歴史的な影響があるとはいえ、カラッと明るいイメージがありません。
イスタンブールの光や色、なぜか夜のイメージ。そして、月夜の晩とくれば、花の匂い!ええ、むせ返るような薔薇の香りレポートをしたいですね。
む~ん (Marsh)
2008-05-07 11:00:34
何度見ても美しい色彩感ですねぇ。
かなり手前に立体感があるんですか?

イスタンブールも良さそうですね。
ジャスミンと薔薇の香りか。
友人宅にジャスミンが植わってますが、
自然の物はインセンのように不自然じゃなくてよいですね。
Marshさん (aoi)
2008-05-07 21:55:44
ありがとうございます。そうですね、周りの花のところは3、4センチ。ドレスのところは8センチくらいですね。
もうちょっと色合いが薄い感じでアップしたかったのですがねえ。

イスタンブールも面白そうですよ!
エジプト人の友達の多くは、バカンスに良く行くそうです。日本の韓国とか香港見たいな感じなのでしょうね。
お花は生が一番です。
花も目一杯楽しんできます。
イスタンブールは (yuu)
2008-05-11 00:14:21
まだ、行けてません。
何だか、不思議な場所です。まだ言葉にできない。
タイミングを待っているのは確か。
その時がくるまで、
自分にロックがかかっているような…
そんな…不思議な感情の絡む所です。

↓の記事…
私もなぜ、日本に生まれたのだろうと考えた時、
「自由に飛んでいけるからかな?」と考えました。
あるいは…
自由でいたかったからかもしれません。

ま、神のみぞ知る、ですね~♪
yuuさん (aoi)
2008-05-11 23:30:28
タイミングってありますね。
私はまったく行く気がありませんでした(笑)
ところが、周りからの熱いプッシュ!
引力に逆らえない感じです。
日本に生まれた理由、こちらにいらっしゃる方々は、「自由に飛んでいけるから」だと思います。
ここへも神のお導きで…
イスタンブールへ、いつの日かyuuさんの扉が開く日は来ますよ。インシャッラー
Unknown (オルサ)
2008-05-18 22:19:27
出発間近ですね。

どうぞ気をつけて行ってらっしゃい!
オルサさん (aoi)
2008-05-18 23:01:18
そうなんですよ!
ところが、エジプトに行きたい人の予定を組んだり、アメリカ人の友達に、「友達の誕生日に、サプライズプレゼントを届けて!」などという、厄介な用事が押し寄せてきて、にっちもさっちも行きません(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL