イスラミック・ブルー

スペイン、エジプト、イラン、トルコ、チュニジアへ、イスラミックな旅へ。
スペイン/地中海レストランガイド

魚介にはチャコリ

2007-06-24 23:48:13 | タベルナ・マタアム・食いもの屋

 バスクのバルで「何を飲みますか?チャコリでいいですね」と、どんどん注文するK君。全部お任せである。
 バスクのバルのカウンターには大皿に盛られたピンチョスや、料理がいっぱい。
 メヒヨネス(ムール貝)とガンバス(エビ)が運ばれてきた。
 魚介を食べる時に日本酒以外のお酒を飲むと、どうも口の中が落ち着かない。生臭い感じが残るのだ。ところが、このチャコリという、バスクの微発泡性の白ワインにはその生臭い感じがない。魚介にぴったりのお酒である。さすが、港町!食の街!
 話上手のTさんと3人でバルのハシゴ。どこのバルも、カウンターの上には、おいしそうなお皿がいっぱい。チャコリはお肉との相性もいい。
 のん兵衛で無くとも、バスクにきたらバルのハシゴは絶対にオススメ。
 でも飲めるのであれば、チャコリで一杯。赤ワインのリオハももちろん美味しいけれど、それはちゃんとしたお食事の時にとっておいて…
 日本にチャコリの飲めるオイスター・バーがあったら、牡蠣を食べつくしてしまうかも!?と思ったほど。
 日本で懐かしく、パブロフの犬になっていたところ、
SPANISH BAR SoL VASCO のプレオープンでめでたく再開することができた。定番メニューには無いけれど、オーナーは、また何かの機会にきっと飲ませてくれることと信じている。


人気ブログ検索 - ブログフリーク 人気blogランキングへ  

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セビ-ジャからの手紙 | トップ | フラン、それは美しきプリン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL