誠茅庵という名の小さな小さな美術館

絵や写真、そして雑感日記。。
六十の手習い(水彩画、スケッチ等)帖。

29展-(2) 第76回 水彩画連盟展よりー(初めに)

2017年04月18日 | Weblog

 

        丁度、桜が満開の頃に今年も水彩連盟展が開かれました。

        会場の新国立美術館の辺りは、その前庭も六本木のさくら坂も花吹雪が

        舞って、風情に溢れ、詩心、絵心や心の奥の美への憧憬をかき立てられる

        様でした。そして六本木のモダンでお洒落な街の雰囲気やスタイルも新鮮で、

        私などのような年配者でも、そんな気持ちがより高揚するのかもしれません。


        会場は690点の会員、準会員、一般公募の作品が並び、まさに壮観という

        世界でありました。公募展として、日本水彩画壇の最高峰にある一つと言われる

        同展であり、さすがの力作、大作ばかりで、今流行の淡いきれいな淡彩画、スケッチ画

        等とは同じ水彩絵の具を使いながらも、全く異質なもので、それは力強く深淵でさえあり

        単純な美しさだけではないものを感じます。

        半数以上の作品が、心象、半心象、半抽象画的な作品であり、会場を一巡すると

        私の乏しい感性に一寸した疲労感を覚えるのでした。

        

        さて当美術館では、その中から知人の7人の作家方の作品を展示させて頂きます。

        会場の部屋NOの順に沿って陳列してみました。今回も、簡単な説明だけにとどめ

        私の余計な評論批評は遠慮いたしました。

         それではどうぞごゆっくり御覧くださいませ。

      

        

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 29展-(2) 第76回 ... | トップ | 29展ー(3)第28回 花... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL